スカイプで話せる外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



トルコ人の友達を探す方法※SNS、掲示板からFacebookへ誘導

トルコ人って、親日家が多い。

それなのに、多くの日本人は興味を持っていない。

これって、ねらい目ってことなんだよね。

 

ライバル不在の状況で、友達を量産できる。

 

っていいながら、俺は、トルコ人の友達を探そうとしないんだけどね。

興味がないんだから、仕方がない。

 

でも、探し方はわかる。

だから、トルコ語を勉強している人のために、トルコ人の友達の探し方を書くことにしよう。

 

まず、日本人がよく利用しているJapan Guideには、トルコ人ユーザーが少ない。

そもそも、Japan Guideは、英語圏の人向けの観光ガイドのWEBの訪問者を掲示板に流しているだけなので、英語圏や、英語に強い先進国の利用者が圧倒的に多い。

たぶん、トルコ人なら、Lang-8やITALKIのような添削サイトを利用したほうがいいと思う。

SNSの機能があるから、メッセージを送れる。

Lang8やITALKIは基本的に、たくさんの言語のユーザーがいないと成立しないサービスだから、トルコ語の人の集客もしていると思う。

まぁ、俺はチェックしたことすらないんだけどね。

あとは、トルコ語で、「日本」というキーワードで検索をすると、もしかしたら、トルコ人がつくった親日家向けのサイトがヒットするかもしれない。



あっ、私が、在日外国人の友達を探すのによく使ってたのは、『ジェーピーマッチ』だよ。

こういった、日本オタクのサイトの中に掲示板とかがあると、友達を増やすのに使える。

とにかく、こういったサイトで、メールを送りまくる。

でも、それだけではダメ。

メールの返信が来たら、なるべく早くフェイスブックに誘導する。

 

メール交換は長続きしないし、一回、メールの交信が途絶えると、そのまま、音信不通になってしまう。

これでは、トルコ人の友達が増えていかない。

フェイスブックに誘えば、とりあえず、細いつながりを保ち続ける。

数回のメール交換しかしてなかった場合でも、トルコ人が日本に来ることになったら、再びメール交換を盛んに行うようになり、日本で会えるようになる可能性もあるのだ。

あともう一つ利点がある。

親日家同士は、フェイスブック上でつながっている。

だから、一人のトルコ人親日家と友達になると、その友達の親日家と知り合いになれる可能性が高まるのだ。

可能性が高まるっていうか、積極的にアプローチするんだけどね。

結局やるべきことは、どこの国の人をターゲットにした場合でも一緒なんだよね。

まず、フェイスブックを使って友達の輪を広げる。


あっ、「在日」の外国人にこだわるなら、『OMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思うよ。外人がウヨウヨいるってあまり知られてないからね。

【参考リンク】外国人ユーザーが多いFacebookアプリ(OMIAI)
http://facebook.com/omiai/