スカイプで話せる外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



ファーストメールの内容、返信率ダウンでもOKな理由

たぶん、初心者の人は、ファーストメールで、長文の自己紹介を書く人が多いと思う。

でも、僕は、ファーストメールで自己紹介は書かなくていいと思っている。

たとえば、大学生だったら、「大学の3年生です。」程度の自己紹介は必要かもしれない。でも、映画が好きとか、テニスが好きなんて話はどうでもいいのだ。

相手が共感しそうな趣味ならOK。たとえば、コスプレが好きとか、ゲームが好きとか。

マニアックな親日家が好きそうな趣味に合わせる。

で、、、僕が重要だと思うのは、自己紹介ではなく、

 

スカイプ誘導。

 

最終目的はあくまで、スカイプ。

長文のメールなんて、いくら続けても、語学力のアップにつながらない。ストレスがたまるだけ。

無駄な時間を費やすだけだ。

仲良くなってからスカイプに誘導なんて考えない方がいい。

メールを長く続けたら、スカイプに誘いにくくなるだけ。スカイプに誘ったとたん、音信不通になるなんてこともある。

 

では、ファーストメールで何を書けばいいのか。



あっ、私が、在日外国人の友達を探すのによく使ってたのは、『ジェーピーマッチ』だよ。

スカイプでの会話のメリットを書けばいいのだ。

定番は、語学力アップのメリット。

スカイプで話したい理由が、語学力アップってのは、十分に説得力のあることなのだ。

相手が日本語勉強中だったら、普通に考えて、スカイプのメリットを理解してくれる。

相手が日本語を勉強していない場合でも、僕の方が勉強したいからってお願いするだけで、チャットに応じてくれる場合もある。

なぜかっていえば、外国人は日本人と友達になりたくてペンパルを募集したのだ。

スカイプで話せる日本人の友達がいるってのは、外国人の親日家にとっても自慢できることなのだ。

だから、喜んで応じてくれる。

っていっても、メールだけにこだわる人もいるし、時差の関係でスカイプできない人もいる。

そんなわけで、スカイプに誘導する際に、交流をあきらめるべき外人もいる。

それでいいのだ。

メールだけでダラダラと交流しても、時間が無駄になるだけ。

それなら、スカイプに誘って、断れれたら、それで、お終い、他の人を探せばいい。


あっ、「在日」の外国人にこだわるなら、『OMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思うよ。外人がウヨウヨいるってあまり知られてないからね。

【参考リンク】外国人ユーザーが多いFacebookアプリ(OMIAI)
http://facebook.com/omiai/