スカイプで話せる外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



言語交換の内容を具体的に言えばチャットに誘導できる

メール交換から、チャットに移行するのが下手な日本人がいる。

あなたが女の子の場合、基本的に、女の子の方から誘えば、まず、断られないと思うが。。。

たまに、時差の関係で実現しないこともある。

その場合、メール交換もやめてしまっていいともう。

長文メールの交換は時間を無駄にして、結局、語学力のアップは期待できない。たぶん初心者の人は、今俺が書いていることを理解できないと思う。でも、必ず、長文メールが苦痛に感じる日が訪れる。

 

さて、問題は、俺のような男が、外国人の女の子をチャットに誘う時だ。

警戒されることがる。

要するに、口説き目的なんじゃないかと思われるのだ。

だから、いくらメールがいい感じで、、、仲良く会話出来ていても、スカイプへの誘いは慎重になったほうがいい。

慎重になったほうがいいと言っても、時期を遅らせるって意味ではない。

スカイプに誘うのは早い方がいい。

俺が言っているのは、スカイプへの誘導は、あくまで、言語学習目的だってことを明確に伝えることが重要だってこと。

それさえできれば、すぐにスカイプに誘える。

ただ、スカイプだけにこだわってはダメ。



あっ、私が、在日外国人の友達を探すのによく使ってたのは、『ジェーピーマッチ』だよ。

他のチャットソフトを相手が使っている時は、それを聞き出す。

ただし、フェイスブックが流行って以降、チャットの利用者は減っているし、最近では、ラインやそれに類するメッセージアプリを利用する人が多いので、以前のようにウェブカメラを使ったチャットを楽しむ人は減っていると言えるかもしれない。

あと、言語学習目的であることを明確にするってのは、、、

 

たとえば、「以前、日本語を学ぶ大学生、スカイプで話したら、発音を修正してもらったり、修正したり、、、お互いの語学力を高められたんだ。」

とか、、、ウェブカメラと音声を使いたくなければ、、、「文字チャットで交流したのだけれど、よく、相手の大学生に、学校の宿題についての質問をされたり、、、」

といった具合に、具体的に例を言えば、この人は、口説き目的ではなく、学習目的で交流できる相手なんだと安心してもらえる。

過去にチャット経験がなければ、スカイプ英会話の無料体験とかで経験を積んで、スカイプは言語学習に役に立つよねってことをアピールすればいい。

とにかく、相手を安心させれば、スカイプに誘導するのは簡単。


あっ、「在日」の外国人にこだわるなら、『OMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思うよ。外人がウヨウヨいるってあまり知られてないからね。

【参考リンク】外国人ユーザーが多いFacebookアプリ(OMIAI)
http://facebook.com/omiai/