スカイプで話せる外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



外国人とのデート方法※スカイプ→電話番号→カラオケ

前回に引き続き、エロオヤジのネットナンパ手法について書こう。

この人のやっていることはかなりシンプルなのだが、とても賢いのだ。

まず、有料の出会い系サイトで外国人にメッセージを送りまくる。

そこから、チャットに誘導する。

出会い系サイトのチャット機能を使うこともあるかもしれないが、たぶん、MSNメッセンジャーかスカイプに誘導したのだと思う。

今は、MSNメッセンジャーを使う人はいないから、スカイプかラインに誘導することになると思う。ただし、ラインだと話のテンポが遅くなる可能性が高いので、できればスカイプの方がいいだろう。

それで、スカイプでエロい会話をして、いけそうだと思ったら、電話番号を聞く。

メールで外国人と会う約束なんてしない。

メールだと、断られやすいのをよく知っているのだろう。

返信期限が無限に存在するメールの場合、女の子は、返信を先延ばしにしてしまう。迷う時間をたくさん作ってしまう危険がある。

それと違って、電話の場合、直接リアルタイムで会話することになる。

電話の向こうには人がいるので、待たせるわけにはいかない。だから、OKの返信をだす。



あっ、私が、在日外国人の友達を探すのによく使ってたのは、『ジェーピーマッチ』だよ。

その前に、スカイプで仲良くなっているからOKの返事をもらいやすくなっているわけだ。

それで、どこに行くのか。

エロオヤジは外国人をカラオケに連れていく。

おれは、最初、カラオケに誘う理由が理解できなかった。

ナンパ師というと、個室居酒屋に誘って酔わせて口説くイメージがあったからだ。

でも、カラオケ屋に誘うというのは実に賢い。

まず、親日家の外国人はカラオケに興味がある。旅行で日本にきたときは、カラオケに行きたいという人も多いのだ。でも、日本語が苦手だったりすると、やっぱり、敷居が高く、行くことができない。だから日本人が一緒だと、カラオケに行きたがる。

そういう心理。

男にしてみれば、個室で二人きりになれる。しかも、居酒屋よりも料金が安いし、昼間でもOK。

だから、外国人に限らず、日本人相手のナンパでも、カラオケは、デート場所に最適なのだ。

日本人の場合、カラオケ=個室で二人きりというイメージがあるので、多少警戒するかもしれないが、外国人の場合、カラオケに対する警戒心が薄い。

こういった、心理をうまく利用して、カラオケで外国人を口説くのである。

 


あっ、「在日」の外国人にこだわるなら、『OMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思うよ。外人がウヨウヨいるってあまり知られてないからね。

【参考リンク】外国人ユーザーが多いFacebookアプリ(OMIAI)
http://facebook.com/omiai/