スカイプで話せる外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



親日家にはレズとホモ(同性愛者)が多い?

ある外国人の女の子と交流していた。

その子とはかなり仲良くなった。

毎日のようにチャットしていた。

そして、彼女が日本にきたときは、実際に会うことにも成功した。

 

その子は、日本語を大学で学んでいた。彼女がよく言っていたのは、日本語学科の学生はみんな同性愛者だという事。

まぁ、彼女が住んでいる国には同性愛者が比較的多いのだが。。。

でも、親日家の学生に同性愛者が多くてもそれほど驚かない。

別に同性愛が悪いことだとは思わないが、、価値観が多少偏っている人が多いのは確かだと思う。それは、レズやホモの人だって認めていると思う。

その価値観の倒錯が、とても個性的だから、おねえ系の芸能人が面白かったりするのだ。

日本にハマっている人の多くは、価値観が倒錯している人たち。

俺たちは、外国人というと、おしゃれな金髪白人のセクシー女性を思い浮かべてしまうが、日本が好きな外国人の多くは、マニアックなオタク。

金髪で青い目をしていると、それだけで美人に見えて惑わされてしまうが、日本に興味がない外国人と比べると、どこか雰囲気が違っていたりする。



あっ、私が、在日外国人の友達を探すのによく使ってたのは、『ジェーピーマッチ』だよ。

ちなみに、俺が仲良くなった外国人は、大学が主催するツアーで日本にきた。だから、ホモのレズの団体が日本にきたのである。

彼女たちは、歌舞伎町のゲイが集まる店を楽しんだそうだ。

 

俺は、ゲイとは交流したことがない。でも、南米の友達を探している時、少し奇妙なプロフィール写真を見かけたことがある。

ミニスカートでセクシーな服を着た女性のユーザー(女性として登録されているユーザー)。

でも、なぜか、首を横に向けて、目線だけカメラに向けるという奇妙な写真の写し方をしていた。

同じような取り方をしているセクシー写真が何枚かあった。

南米で流行っている、写真を美しく撮影するコツなのだろうかとも思ったのだが、、、

よく見ると、首に喉仏があった。

要するに、男の象徴である喉仏を隠すために、横を向いていたのだ。

彼女達(彼ら?)は親日家には見えなかった。でも、日本人の友達を探していた。

日本は同性愛者が比較的多い国のようだから、世界中から注目されているのかもしれない。


あっ、「在日」の外国人にこだわるなら、『OMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思うよ。外人がウヨウヨいるってあまり知られてないからね。

【参考リンク】外国人ユーザーが多いFacebookアプリ(OMIAI)
http://facebook.com/omiai/