スカイプで話せる外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



顔文字で感情を出すとメールが長続きする

文字だけで感情を伝えるのは非常に難しい。

でも、顔文字や絵文字やスタンプは感情を表現することができる。

積極的に使うべきだと思う。

たいていの場合、感情をオーバーに表現しすぎることになる。

でも、感情が伝わらないよりもいいのだ。

せっかく面白いことを言っても、単に文字だけで回答されると、軽くする―された気分でなんだかいやだ。大笑いしているスタンプでも送ってもらったほうが、会話が楽しくなる。

だが、結局、絵文字はウソの感情。

だから、ウェブカメラを使ったチャットをしたほうがいい。

マイクを使う必要はない。映像が重要なのだ。映像+文字チャット。

そうすると、相手の表情が簡単にみられる。

注意すべきは自分が無表情になること。



あっ、私が、在日外国人の友達を探すのによく使ってたのは、『ジェーピーマッチ』だよ。

少し面白い発言があったら、必ず笑顔になるようにする。それだけで、会話が楽しくなるのだ。

あと、キーボードに文字を打っている最中は注意が必要。

ついつい、集中して、怖い顔になってしまうことがあるからだ。

だから、チャット中は、常に笑顔でいるようにする。そして、相手が面白いことを行ったら、その笑顔を、さらに大げさにする感じ。

 

ばかげたことのようだが、こうするだけで、外国人に好印象を与えることができるのだ。

相手がウェブカメラを使いたがらない場合でも、自分だけ、カメラをONにして、相手から見えるようにしてあげればいい。そうすれば、好印象だし、次回以降、相手もウェブカメラをONにするかもしれない。

アプリによっては、相互にカメラをONにしないと通信できない場合もあるかもしれないが。。。


あっ、「在日」の外国人にこだわるなら、『OMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思うよ。外人がウヨウヨいるってあまり知られてないからね。

【参考リンク】外国人ユーザーが多いFacebookアプリ(OMIAI)
http://facebook.com/omiai/