スカイプで話せる外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



キモい!外国人コスプレイヤー、バンギャル、オタクの心をつかむ方法

何か物を売る時、相手の苦痛を改善することができれば、すぐに商品が売れる。

俺は最近、ひどい首コリに悩まされていたのだが、普段、物欲がない俺が、マッサージ器や医薬品など、ガンガン買いまくった。苦痛を和らげるためなら、価格が高くても平気なのである。むしろ、安物だと効き目がないと思われるので、高い方を選んでしまった。

外国人との交流サイトで、言語交換相手を探している人は、どんな苦痛を持っているのか考えると、メールの作戦が変わってくると思う。

日本語を話せるようになりたい!と外国人が考えているだけの場合、交流は長続きしない。

しかし、お金がない!だからレッスンに通えないという場合、これは苦痛になる。この苦痛を開放するために、無料で日本語会話ができることをアピールすれば、友達になれるのである。

ただしペンパルサイトはそもそも、言語交換目的で参加する人が多いので、日本語を教えてあげますよというアピールは特別なものではない。日本語アピールが通用するのは、ペンパルサイト以外の場所である。それのついては、話がずれるので別の機会に書くことにしよう。

では、言語関連以外の苦痛はあるのか。



あっ、私が、在日外国人の友達を探すのによく使ってたのは、『ジェーピーマッチ』だよ。

俺は、外国人のコスプレイヤーやバンギャル、アニメオタクの女の子を見つけると、この人たちは、理解者がいないで困っているのだろうなと考えるようにしている。

日本人でさえ、コスプレイヤーやバンギャル、アニメオタクは、未だに、キモいというイメージが強い。

日本のテレビで海外について紹介されるとき、外国人の陽気な姿ばかりを映すから感じられないかもしれないが、、、

 

おそらく、コスプレイヤーやバンギャルやアニメ好きの大人は、海外で、日本以上に白い目で見られている。アニメを大人になっても見る、程度のことならば、理解されると思うが、コスプレや、黒づくめの服を着たバンギャルは、一般的な外国人には理解されにくいと思う。

以前、ヨーロッパのテレビを見ていたら、コスプレイベントの報道があったのだが、それを見たコメンテーターの中年男性は、あきれ顔だった。それが、一般外国人の本音だと思う。

 

だとしたら、彼女達は大きな苦痛を抱えているという事になる。

日本人であれば、自分を理解してくれると思いペンパルサイトに参加するのだろう。

そう考えれば、コスプレ、ヴィジュアル系バンド、アニメネタを無視使用なんてお思わないハズ。

多くの日本人は日本の文化や歴史を紹介するようなまじめメールを書く。その人たちと差をつけるのは簡単なことなのだ。


あっ、「在日」の外国人にこだわるなら、『OMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思うよ。外人がウヨウヨいるってあまり知られてないからね。

【参考リンク】外国人ユーザーが多いFacebookアプリ(OMIAI)
http://facebook.com/omiai/