スカイプで話せる外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



自己紹介メールと質問

外国人にファーストメールを送る時の話。

はっきり言って、日本人の参加者が少なくて、親日家の外国人が多いサイトならば、こんにちわの一言でも、メールの返信がある。

自己紹介を書くのも面倒だなと感じたときは、たとえば、「フランス語を勉強しているので、フランス人の友達を探しています。」程度の軽い内容を書いたうえで、「あなたはどこに住んでいますか?」と軽い質問を書いて、送信しまくる。

 

これでも、実は、ライバルが少ない環境であれば返信が届くのだ。

自己紹介ぐらいしたほうがいいかなと思うこともあるのだ、すぐにラインやスカイプに誘導したい場合は、あえて、詳しい自己紹介はしないで、ラインやスカイプでの会話の話題として、自己紹介を残しておくのだ。

 

初めてのチャットは、お互いの自己紹介をするのが、一番、会話が途切れにくいからである。相手を知る為の質まんなどを繰り返しているうちに、相手が興味があることを理解していく。

 

 

とはいえ、初心者の場合、やはり、ファーストメールで自己紹介を書いて返信率を少しでも高めたほうがいいかもしれない。



あっ、私が、在日外国人の友達を探すのによく使ってたのは、『ジェーピーマッチ』だよ。

俺は、質問魔になることは良くないことだと思うが、最初のうちは相手の興味関心がわからないから、質問をするのもやむ終えない。

また、相手が返信しやすいように何か質問をしたほうがいいと思う。

欧米系で、しかも、ペンパルサイトを利用するような人たちは、文学少女が多いから、質問を書かなくても、自分の意見を書き始めることが多い。

だから、質問をするとしたら、相手が興奮して話し出すような話題について質問するのがいい。

友達募集の文章に、好きな日本人アーティスト名を列挙する女の子がいる。たいていの場合、外国語を学んでいるインテリタイプの日本人は全く興味がないアーティストばかり。ジャニーズ系とかヴィジュアル系とか。

 

だから、多くの日本人はそれらのアーティスト名を見て見ぬふりをする。特にメールの話題にしない。

しかし、外国人女性は、そのアーティストについて話したくて仕方がないのだ。だから、メッセージに名前を列挙しているのだ。だったら、そのアーティストにかかわるような質問をしてあげれば、興奮気味に長文のメールを返信を送ってくるのである。


あっ、「在日」の外国人にこだわるなら、『OMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思うよ。外人がウヨウヨいるってあまり知られてないからね。

【参考リンク】外国人ユーザーが多いFacebookアプリ(OMIAI)
http://facebook.com/omiai/