スカイプで話せる外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



ラインのスタンプが国際交流の妨げ

最近は、日本に住んでいる外国人と交流することが多い。

実際に会うことを必ずしも目的としていない。

だから、住んでいる場所は、近い必要はない。

なぜ日本人に住んでいる外国人をターゲットにするのかと言えば、単純に日本語能力が高いから。

日本語がうまくなくても、語学力アップを目的として交流するから、日本語で返信してくる。

つまり、日本語で話せるメル友が獲得できるのだ。

 

前は、ペンパルサイトで知り合ってスカイプに誘うことが多かった。

でも最近気がついたが、海外でもスカイプの人気は落ちているようだ。在日外国人の場合、自国の人との電話用にスカイプをインストールしている人が多いようだが。。。

でも、スマホでスカイプを使うなら、ラインを使ったほうが外国人にとっても楽しめる。

私の場合、ラインで話すとはいっても、ウィンドウズにラインアプリをインストールして使っているので、スカイプと使い方に大きな違いはない。



あっ、私が、在日外国人の友達を探すのによく使ってたのは、『ジェーピーマッチ』だよ。

相手がスマホなので、返信が遅いという欠点があるが。

ライブメッセンジャーを使いはじめたとき、顔文字のようなものがとても面白かった。ラインでいうところのスタンプの機能が、すでにメッセンジャーにはあったのだ。

感情を伝えるのに役立つ。

しかし、あれは本当の感情ではない。だから、ウェブカメラを使うようにした。

でもラインは、スタンプだけで返信する外人がいる。

これは困る。

 

外国人は日本に来てラインを使い始めたばかりなので、スタンプが使いたくて仕方がないのだ。

でも、スタンプだけだと会話が全く発展しない。

こちらの発言に対し、スタンプだけで、文字なしって返信がくる。

本人に悪気がないので、交流の妨げになっているという認識が外国人にない。だから、交流しにくいと感じることがある。


あっ、「在日」の外国人にこだわるなら、『OMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思うよ。外人がウヨウヨいるってあまり知られてないからね。

【参考リンク】外国人ユーザーが多いFacebookアプリ(OMIAI)
http://facebook.com/omiai/