スカイプで話せる外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



見知らぬ人に悩み相談や愚痴は言わないので、その前に・・・

短時間で親交を深める方法として、悩みや愚痴を語らせるという手法がある。

 

しかし、ネットで知り合ったばかりの人が、あなたに、悩みをうち分けたり、愚痴を話し出したりすることはあり得ない。

まず、心を開いていい人間だと思わせることが重要。

価値観が近い人間だと思わせることが大切なのである。

 

でも、単に日本語を勉強しているというだけで、友達になった場合、信頼関係を会話で生み出すことが難しい。

 

お互い言語目的重視になってしまうと、何でもいいから文章を長く書いて英語(日本語)のトレーニングをしようと考えてしまう。

そうなると仲良くなれない。

 

だからこそ、友達探しをする前にターゲットを決める。

 

  • ギャル・ファッションが好きなオーストラリア人
  • V系好きのフランス人

みたいな感じにターゲットを絞る。

ターゲットを絞っておけば、相手が共感しやすい話を準備するのは簡単。

ギャルのファッションが好きなら、あなた自身がギャルになればいい(女性の場合)。



あっ、私が、在日外国人の友達を探すのによく使ってたのは、『ジェーピーマッチ』だよ。

V系好きの共感を得たければ、ライブでも見に行けばいいのだ。

それが話のネタになる。

 

こういった話題を話して心をつかんだら、相手の悩みを少しずつ探ればいいのだ。

たぶん、興味ポイントに関する話題を話している間も、悩みのカテゴリがわかる場合が多い。

たとえば、ライブに行ったことがないことを、愚痴ったら、もしかしたら、お金に関する悩みが不快のかも・・・と予想できるのである。

 

【余談】

2ショットチャットができるSNSは便利。
でも、ペンパルサイトでチャットをしたことはあまりない。

ペンパルサイトで知り合って、フェイスブックに移動。

フェイスブックのチャットのオンライン状態は非通知にしている人が多いのだけれど、自分が閲覧中に、タイムラインに外国人の書き込みが表示されると、オンライン中であることがすぐにわかる。

そして、出身地や居住エリアをチェックして、自分が話せる言語の相手だったら、文字チャットを始める。

 

 


あっ、「在日」の外国人にこだわるなら、『OMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思うよ。外人がウヨウヨいるってあまり知られてないからね。

【参考リンク】外国人ユーザーが多いFacebookアプリ(OMIAI)
http://facebook.com/omiai/