スカイプで話せる外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



絵文字やスタンプでは感情が出ないからウェブカメラを使う

私が外国人と交流し始めた当時、MSNのチャットが流行っていた。

スカイプはすでに知名度が高くなっていたものの。

スカイプと言うと、テレビ電話と言うイメージが強かった。

ネットでの交流を求めていた多くの人は、文字チャットを使いたがっていた。

私もそう。

特に、言語が異なる国の人同士が会話する場合、文字の方が会話しやすい。

マイクを使った会話だと緊張するので、文字チャットをすることが多かった。

 

当時、ライブメッセンジャー(MSNのチャット)では、すでに、スタンプのようなものがあった。

大きめのアイコンを使って感情を表現できたのだ。

だから、私としてはラインがでたとき、特に新しさを感じなかった。。。

 

それはそうと、あのスタンプ、感情を大げさに表現しすぎる。



あっ、私が、在日外国人の友達を探すのによく使ってたのは、『ジェーピーマッチ』だよ。

 

ちょっとしたジョークでも、大笑いしている顔のイラストが表示される。

それを見て、安心するのだが、でも、実際は、少しも笑っていない。

 

スタンプに騙されて、楽しい会話をしている気分になるのは危険だと思う。

ウェブカメラを使って、相手の表情を見て、本当に、自分が話していることに相手が興味を示しているのか、見極めたほうがよいと思う。

 

【余談】

外国人は色白で黒髪の日本人を美しいと思うようだ。

見た目が清純派で恋愛経験浅い女の子。

一昔前であれば、見た目が清楚系でも、中身は肉食女子だったりした。

しかし、最近は、女子大生の処女率も高くなっているようで、外国人が求める日本人に近づいているのかもしれない。


あっ、「在日」の外国人にこだわるなら、『OMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思うよ。外人がウヨウヨいるってあまり知られてないからね。

【参考リンク】外国人ユーザーが多いFacebookアプリ(OMIAI)
http://facebook.com/omiai/