スカイプで話せる外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



mixiや出会い系SNSで流行った3つの足跡活用方法

1.ターゲットに足跡をつける方法

 

mixiが日本で流行っていたころ、足跡を活用した出会いテクニックが知られていました。

有料の自動足跡ツールまで販売されていました。

なぜかと言えば、単に足跡をつけるだけで、男性は女性にアピールすることができたからです。(女性がアピールするときにも使えます)

この手法はSNS機能があるサービスの多くに応用できます。

たとえば、日本のサービスだと、アメブロなんかも、似たような機能がありました(最近利用していないので、よくわかりませんが確か「ペタ」という機能だったと思います)。

フェイスブックには足あと機能は有りませんが、「いいね」をうまく使いこなせば、似たような効果を得ることができると思います。

 

方法は簡単。足跡機能があるペンパルSNSにログインし、気になった外国人のプロフィールページを開く。それでけで、外国人がSNSにログインした時に、自分のプロフィールページを見たユーザーとして、あなたのプロフィール写真が表示されるのです。

それを見た外国人(親日家)は、「私に興味をもっている日本人がいる!」と思って、あなたのプロフィールページをチェックするのです。

たとえば、mixiでは、コミュニティーがたくさんあるので、ターゲットを絞り込んでから足跡をつける手法がありました。

たとえば、映画好きのコミュニティに参加している人に足跡をつけまくる。

そうすると、その足跡経由で自分のプロフィールページを見てもらえることがわかっているのだから、映画好きだとわかるような魅力的な自己紹介文を書いておけば、交流が始まることがあるのです。

 

2.新規ユーザー・最近ログインした人に足跡をつける

 

足跡の効果は、自分が誰かに足跡を付けられるとすぐに実感することができます。



あっ、私が、在日外国人の友達を探すのによく使ってたのは、『ジェーピーマッチ』だよ。

mixiのように自動ツールとかが販売されると、足跡がついたぐらいで反応しなくなりますが、ペンパルサイトで、自分が交流したい国の人から足跡がついていたら、ついつい、プロフィールをクリックしてしまいます。

 

ただし、足跡をつける場合、新規ユーザーや最近ログインした人に限定するべきです。

そうでないと、無駄な時間を費やすことになります。

SNSでメッセージが届いた時は、メッセージ着信通知が登録メールあてに届きます。

だから、最近ログインしていないようなユーザーにメッセージを送った場合でも、登録メールが捨てアドでなければ、メッセージ着信通知を受け取った後にSNSにアクセスし、あなたのメッセージを読んでもらえることがあります。

しかし足跡の場合、メール通知がない場合が多いので、しばらくログインしていないようなユーザーに足跡をつけても、効果が期待できないのです。

 

3.足跡を残した人だけにメッセージを送る

 

有料の出会い系サイトでは、自分に足跡を残した人だけにメッセージを送るという人がいます。

不特定多数の人にアピールするより、自分に興味をもった相手だけにコンタクトをとったほうが効率的だからです。

有料の場合、メッセージを送るだけでポイントが所費することもあるので、無駄遣いをしたくないのです。

完全無料SNSの場合でも、片っ端からコピペメールを送りまくると、スパム(利用規約違反)と判断され、アカウント削除されることもあります。

そういったリスクを避けるために、足跡を残してくれた人だけにメッセージを送るのも良いかもしれません。

 

 

【余談】

ペンパルは文通と違って、住所を相手に教えなくてよいところが気軽だと思う。

手紙だと、住所が必要。でも、メル友との交流の場合、普段使っているメインアドレスの他に、フリーメールを取得すればよいだけ。


あっ、「在日」の外国人にこだわるなら、『OMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思うよ。外人がウヨウヨいるってあまり知られてないからね。

【参考リンク】外国人ユーザーが多いFacebookアプリ(OMIAI)
http://facebook.com/omiai/