スカイプで話せる外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



不特定多数の日本人友達を探す悪質外国人メールの見分け方※3つのポイント

1.あいさつしか書いていない

 

出会い系サイトに無料登録すると、超セクシーな女の人からメッセージが届くことがある。

しかも、メッセージ内容は「Hi!」の一言。

これは、明らかにサクラ。

サクラと言っても、登録した出会い系サイトが悪さをしているとは限らない。

他の悪徳出会い系サイトに誘導するのが目的なのかもしれない。

 

実は、ペンパルサイトでも、なぜか、「Hi!」とだけ、メッセージを送ってくる人がいる。

明らかに「誰でもいい」というタイプの人なので、返信するべきではないと思う。

2.名前を入れ替えれば済むメール

 

コピペメールで多いのは、名前を入れ替えれば、住むような文章。

場合によっては、名前の入れ替えすらせずに、コピペメールを送りまくる人もいる。

「あなたのプロフィールを見て興味をもちました。日本に興味があるので友達になってください。」

 

3.プロフィールに書いたことに触れていない。

 

日本人と本当に仲良くなりたいと考えているまじめな外国人ならば、あなたがプロフィールに書いた内容について、触れるはずだ。

でも、あなたのメッセージが、へたくそだと、プロフィールに触れることができないこともある。

「私は日本人で、英語を勉強しています。趣味は映画鑑賞と読書です。英語を教えてください。その代り、日本語を教えます。」

これでは、特に話題にするような内容が含まれていません。



あっ、私が、在日外国人の友達を探すのによく使ってたのは、『ジェーピーマッチ』だよ。

外国人が、「私はアメリカ人です。日本語を勉強しています。日本語を教えてください。その代り、英語を教えます。日本人と友達になりたいです。」というメールを送ってきたとします。

先に書いたメッセージとほぼ同じ内容なので、文章をプロフィールを読んだかのように見えますが、でも、このアメリカ人の文章は、コピペメールで十分な内容しか話していません。

友達募集メッセージに「名古屋のコスプレ大会に参加しました。」といったあなたが書いたとします。

外国人が「名古屋のコスプレ大会の様子はアメリカの雑誌でも紹介されていましたよ」といったファーストメールを送ったら、これはどう考えてコピペメールではありませんよね。

たくさんの日本人の中からあなたを選んだ人のメール。

あなたを選んだのだから、仲良くなれる可能性が高い。

誰でもいいから、友達になりたいという人とは、仲良くなれないことが多いと思います。

【余談】

居住地は比較的簡単に教えてもらえる。

特に、海外に住んでいる外国人の場合、何の警戒心もない。

日本に住んでいる外国人の場合でも、「私は〇〇に住んでるけど、、、」と自分が先に行ってしまえば、簡単に住んでいる地域を教えてもらえる。

でも、ケータイ番号は警戒される。

留学生は、大学名なら気軽に教えてくれる人が多い。

もともと、ペンパルサイトを利用するのはまじめな人だというイメージがあるからなのかもしれない。

 


あっ、「在日」の外国人にこだわるなら、『OMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思うよ。外人がウヨウヨいるってあまり知られてないからね。

【参考リンク】外国人ユーザーが多いFacebookアプリ(OMIAI)
http://facebook.com/omiai/