スカイプで話せる外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



海外ペンパルの不安を解消する自己紹介※3つの不安

外国人の友達を探す時は、外国人があなたのプロフィールを読んだ時に、抱くであろう感情なぜ」に答えるようにすることが重要です。

1.どうして友達を探しているのか?

 

もし、あなたが、中国人の友達を探しているのだとしたら、「なぜ中国人の友達が欲しいのか?」という疑問に答える必要があります。

  • 中国が好きで、何回も旅行に行っている。
  • 中国語を勉強している。
  • 仕事で、数年間、中国に行く予定がある。

中国語を勉強していないし、中国に行く予定もない。

それなのに、中国人と交流したいと言ったら、多くの中国人は「なぜ?」と思うはずです。

  • 国際交流に興味があります。
  • 世界中の人と友達になりたいです。
  • いろんな文化を知りたいです。

そんな理由は、怪しさが増すだけです。

言語交換サイトで、「ナンパ目的だな」と思われたら交流がおわる可能性が高まります。

2.どんな交流をしたいのか?

国際交流系のSNSを利用する人の多くは初心者です。

だから、「友達になってください!」と言われても、どのような交流になるのか不安が大きいはず。

それを解消してあげる必要があります。



あっ、私が、在日外国人の友達を探すのによく使ってたのは、『ジェーピーマッチ』だよ。

たとえば、スカイプでフリートークしながら、お互いの言語力を鍛えることを提案する人もいると思います。

もっと具体的に、「私は中国語を話すので、あなたは日本語で話してください」といった提案をするのもいいでしょう。

また、同じ趣味、たとえば、コスプレイヤー同士であれば、コスプレの話をしながら、語学の勉強をしましょうと言う提案もあると思います。

メールだけで交流することを書くこのも、一部の人には安心感を与えます。フェイスブックやスカイプで交流するのは嫌だという人も多いからです。

3.信頼できるのか?

 

信頼については、基本的には、会話を積み重ねることが大事です。

しかし、ネットでの交流の場合、相手に対する不信感をぬぐうことができないタイプの人も多いです。

裏技としては、フェイスブックで友達になること。

フェイスブックの場合、リアルな友達との会話が記されているので、ネットの住民ではなく、リアルな世界で生きる人間なのだと実感することができます。

それが信頼につながるのでしょう。

 

 

【余談】

SNSで知り合った相手の場合、メアドを聞いても、教えてもらえない場合がある。

直アドが知りたいわけではない、捨てアドで十分なのだが、一般的には、複数のメアドを所有する人はあまり多くないということらしい。

ペンパルサイトには、真面目な社会人や大学院生も多い。警戒心が強いのである。


あっ、「在日」の外国人にこだわるなら、『OMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思うよ。外人がウヨウヨいるってあまり知られてないからね。

【参考リンク】外国人ユーザーが多いFacebookアプリ(OMIAI)
http://facebook.com/omiai/