スカイプで話せる外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



3ステップで日本語学科の外国人の心を動かす方法

外国人に友達になってほしい場合、あなたと友達になって、どんなメリットがあるかを、伝える必要があります。

とはいえ、物を売るわけではないので、ストレートに書くわけではありません。

たとえば、日本語専攻のドイツ人と友達になりたい日本人がいるとします。

その場合、単純に「私は大学でドイツ語を学んでいます。」と書くだけでも、ドイツ人はメリットを無意識に感じます。

  • 同世代の友達ができる。
  • 日本の大学生の生活を知ることができる。
  • 会話をしながら日本語のトレーニングができる。

こんな具合に、ドイツ人の学生は無意識に利点を感じるのです。

だから、大学生の場合、あまり、考えなくても、自然に、お互いのメリットを感じあうのです。

しかし、あなたがアラサーやアラフォーの場合、同世代の日本人の友達では得られないようなメリットを、外国人に感じさせる必要があります。

 

1.ターゲットを決める

 

まず、ターゲットを決めます。ターゲット次第で、メリットが異なるからです。

多くの人は、交流したい国が決まっていると思います。その国の親日家でにぎわっているウェブサイト(コミュニティー)やフェイスブックページを探してください。

単に、運営者の記事が載せていあるだけのサイトではなく、訪問者がコメントできるタイプのサービスがよいと思います。

たとえば、フランスだったら、Jポップが好きとかV系バンドが好きという人が多いかもしれません。アニメ好きやコスプレイヤーも多いことでしょう。

それらの中から、あなたが歩み寄ることができるターゲットを見つけます。

あなたの現在の趣味を重視すると、友達はできにくい可能性があるので注意してください。

たとえば、フランスのファッションに憧れて、フランス人と交流したいからといって、ファッション関連の仕事をしている人を探そうとしても、親日家のフランス人は「フランスのファッションが好きな日本人」を求めていません。

もし、フランス人とファッションの話で盛り上がりたければ、日本のギャル系のファッションに詳しいことをアピールすれば、興味をもつ人がいるかもしれません。

もちろん、友達になってからならば、フランスのファッションの話をしても良いと思います。

日本に憧れているフランス人に対して、「日本のファッションはダサいですよね。フランスのファッションは最高です。」といっても、共感を得ることができないのです。

親日家の中には、日本のファッションが、最先端で美しいと考えている人が多いからです。

2.ターゲットが求めているものを理解する

 

ターゲットが決まったら、ターゲットが求めているものを理解するために、自らいろいろな経験をする必要があります。



あっ、私が、在日外国人の友達を探すのによく使ってたのは、『ジェーピーマッチ』だよ。

もし、自分の趣味に合致するターゲットが見つかった場合、すでに、ターゲットの気持ちがわかっていると思うので、このプロセスは不要です。

たとえば、あなたの趣味がコスプレだったり、あなた自身がバンギャルとの場合、外国人のレイヤーやバンギャルの気持ちが理解できると思います。

ターゲットのことがわからない、まず、経験することが重要になります。

たとえば、コスプレイヤーをターゲットにしたならば、コスプレイベントに参加してみます。

そして、写真を取まくる。

あなた自身がコスチュームを着るのも良いでしょう。

それができないなら、コスプレ写真が好きなカメラ小僧というキャラ設定も良いかもしれません。

昔、ヴィジュアル系バンドが好きだったならば、バンギャルを理解するために、最近のバンドのライブに行ってい見るのも良いでしょう。

3.ターゲットに説明する

 

ターゲットの気持ちが理解できたら、ターゲットが求めていることをプロフィールに書きます。

基本的には、2のステップで経験したことを、そのまま書けばいい。

コスプレイヤーにとって、コスプレの本場、日本のイベントに参加している人の生の声は貴重なはずです。

注意すべきは、あなたの情報が、外国人にどんなメリットがあるのか理解することです。

それが理解できると、文章がうまく書けると思います。

メリットがわからない時は、あなたの経験に「だから」という言葉を付けてみてください。

たとえば、「東京のコスプレイベントに参加した」「だから」「・・・」。

「・・・」に入る言葉を考えるのです。

  • 日本で流行っているコスプレの写真を見せることができる。
  • 外国人が日本に来た時、イベントに連れて行ってあげることができる。
  • コスプレイベントで知り合った友達がいるので紹介できる。

外国人にとってメリットになることがたくさんあるはずです。

上に書いた箇条書きをそのまま書いたのでは、印象があまり良くありません。

普通に、イベントに行ったときのエピソードを書くと、外国人コスプレイヤーはメリットを感じ取ってくれます。

 

日本語を教えることをアピールする場合でも、たとえば、ボランティアの観光ガイドをした経験などを話せると、強力な武器になると思います。

単なる気まぐれではなく、国際交流に積極的な人だと思ってもらえるからです。

 

【余談】

Skype IDやメアドは比較的気軽に、掲示板に投稿できる。

捨てアカやサブアドレスが多いので、スパムメールが届き始めたら、捨ててしまえばいいからだ。

でも、まじめな会社員とかOLの場合、サブアドレスって発想がわかないのかもしれない。


あっ、「在日」の外国人にこだわるなら、『OMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思うよ。外人がウヨウヨいるってあまり知られてないからね。

【参考リンク】外国人ユーザーが多いFacebookアプリ(OMIAI)
http://facebook.com/omiai/