スカイプで話せる外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



日本語学習中の外国人が3つの節約を感じたら友達申請する可能性が高まる

1.時間を節約できる

言語交換を目的としたSNSがあります。

  • 日本語を勉強中の外国人
  • 外国語を勉強中の日本人

が、友達になれば、お互いに語学を教えあう関係ができるという発想です。

いわゆるLanguage Exchangeというやつです。

 

もし、あなたが外国語を学ぶ日本人の女子大生で、写メをSNSで公開しているのであれば、ファーストメールを受け取るのはそれほど難しくないと思います。

しかし、プロフィールを書いても全く、メールが送られてこないというのであれば、戦略的に、自己アピールをする必要があると思います。

すでに、他のページで、友達を増やすコツについては書きました。

勉強より、趣味を武器に友達を増やす方法です。

今回は、勉強目的のまじめな人と友達になる為の戦略を考えてみます。

本気で、日本語を勉強しようと思っている外国人は、時間を少しでも節約したいと思っているはずです。

ですから、すぐに、勉強が始められることをアピールすると、喜んでメールを送る人たちがいます。

たとえば、スカイプを利用したチャット。

本気で語学を勉強したいと思っている人にとっては、スカイプはとても便利です。

しかし、日本人も外国人も、語学に自信がないので、まずは、メールから始めたいと考えてしまいがちです。

しかし、メールの場合、自己紹介だけで、2週間から3週間ぐらいのメール交換が必要だったりします。

どう考えても非効率です。

ですから、すぐに、勉強を始められることをアピールすると、メールを送ってくれる人たちがいます。

要するに、スカイプで話すことをアピールすればいいのです。

 

しかし、注意も必要です。

言語学習目的の外国人の多くは、スカイプで猛特訓したいとまでは思っていないのです。

ですから、スカイプIDを公開したからといって、たくさんのメールが届くわけではありません。



あっ、私が、在日外国人の友達を探すのによく使ってたのは、『ジェーピーマッチ』だよ。

ただし、日本語レベルが高い外国人でスカイプでの交流を求めている人は、比較的簡単にスカイプでの会話に応じてくれる傾向があります。

 

2.努力の節約

 

勉強は、正直苦痛です。

みんな楽して勉強したい。

だから、友達と会話しながら勉強しようという選択肢を選ぶのです。

 

努力をしないで言語が覚えられるというのは、会話を楽しみながら、言語に慣れることができることを意味します。

要するに、趣味が同じだとか、同世代であることをアピールできれば、楽しみながら勉強できるという印象を与えることができます。

ですから、まじめさばかりではなく、楽しさをアピールしたほうがいいと思います。

「この人と会話できたら楽しいかも」と思わせればいいのです。

他のページに書いたように、ターゲットを絞り込んで、そのターゲットが望むことを書けばよいのです。

 

3.お金が節約できる

 

ネットの交流は基本的に無料です。

ですから、無料をアピールする必要はほとんどありません。

しかし、たとえば、日本に住んでいる外国人と交流する場合、実際に会って、勉強したいという話になることもあるはずです。

その場合、もしあなたが社会人なのであれば、食事をおごることは、明確にしておいた方がいいです。

そうでないと、無料どころか、あなたに会うたびに、外国人留学生のお金が減ることになってしまうからです。

 

今回の記事は、当たり前すぎることばかりなのですが、当たり前の事でも、ネットでは、言葉にして伝えないと、相手が不安になってしまう可能性があるので注意したほうがいいと思います。

 

【余談】

最近は、メル友募集SNSでLINE IDを公開する人が増えてきた気がする。

特に外国人。

日本人にとって、ラインはメールアドレスよりも貴重な個人情報になりつつあるので、SNSのプロフィールに書き込むことはあまりないけど、外国人は日本人との交流用だけの連絡先としてラインやカカオトークを使う人が多いのだと思う。

 

 


あっ、「在日」の外国人にこだわるなら、『OMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思うよ。外人がウヨウヨいるってあまり知られてないからね。

【参考リンク】外国人ユーザーが多いFacebookアプリ(OMIAI)
http://facebook.com/omiai/