スカイプで話せる外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



文通相手(ペンフレンド)探しに効果的な自己紹介の書き方※5ステップ

1.一行でアピールポイントを書く

一行目の内容は一番重要です。

通常は、年齢や写真を見て、自己紹介を読むか決めます。

しかし、年齢や写真でアピールできない人、たとえば、30歳以上に人の場合、一行目が重要になるのです。

一行目をみて、「この人は30代だけど、面白そうだな」と思わせることができれば、文章を読み始めてもらえるからです。(アラサーだけでははなく、アラフォーでも興味をもってもらえれば、自己紹介を読んでもらえると思われます。)

2.アピールポイントを詳しく書く

一行目で書くアピールは、文章量が限られています。

たとえば、日本語を勉強中のスペイン人の友達が欲しいのであれば、さらに詳細を書く必要があります。

  • 文学の話がしたい。
  • 料理の話がしたい。
  • 歴史の話がしたい。
  • 観光地の話がしたい。
  • 大学生活の話がしたい。

バンギャルと友達になりたければ、V系バンドの話がしたいのか、詳しく書くいて、外国人の共感を得る必要があります。

 

3.経験談を書く

つぎに、経験談を書きます。

単に、V系バンドが好きです。コスプレが好きですと言っても、説得力が全くありません。

ですから、相手を信じさせるために経験談を書きます。

バンギャルと友達になりたければ、バンドのライブに行った話をするとよいでしょうし、レイヤーと友達になりたければ、イベントに参加した時の話をすればいいと思います。

具体的であればあるほど、人は、あなたの経験を頭の中で想像します。



あっ、私が、在日外国人の友達を探すのによく使ってたのは、『ジェーピーマッチ』だよ。

想像すると、親近感がわきやすくなります。

 

4.興奮させる

 

具体的な経験を提示した時点で、メールを送ってもらえる可能性が高まっていると思います。

でも、さらに、相手を興奮させることができれば、メールをもらえる数が増えると思います。

興奮させるというのは、夢を抱かせることです。

親日家の人は日本に来たいと思っています。

ですから、日本に来た時のことをイメージさせることができれば興奮します。

  • 外国人が日本に来た時に、一緒にコスプレイベントに参加する。
  • 外国人が日本に来た時に、一緒にコンサートに行く。

そういったことを想像させることができれば、メールをもらえる確率が高くなることでしょう。

3のステップのストーリー内にこれらの要素を含むことができれば、自然な文章になってよいと思います。

5.メールを送るように促す

最後に、メールを送るように、促したほうがいいと思います。

メル友募集掲示板の場合、メールを送るのは当たり前のことですが、それでも、「メールを送ってください」の一言があるのとないのとでは大違いなのです。

また、英語学習SNSなどの場合、交流がメインテーマではないのではっきりとメールを送ってくれと書かないと、個人的なメッセージを送っても良いのか迷ってしまう人がいます。

ですから、かならず、メールを送ってくださいと書くべきです。

 

【余談】

ペンパルサイトに使う、メアドは、捨てアドにすべき。

無料通話アプリの場合も、普段、頻繁に使っているIDは教えたくない。

 


あっ、「在日」の外国人にこだわるなら、『OMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思うよ。外人がウヨウヨいるってあまり知られてないからね。

【参考リンク】外国人ユーザーが多いFacebookアプリ(OMIAI)
http://facebook.com/omiai/