スカイプで話せる外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



友達募集メッセージを書くうえで知っておきたい3つの構成の役割

1.一行目

 

商用メールがたくさん届く場合、メールのタイトル(題名)を見て、メールを開くかを決めると思います。

スパムメールが多い時代なので、普段はメールを開かなくても、興味があることが書かれていると、思われるタイトルがあると、ついつい開いてしまう。

たとえば、あなたの場合、今、外国人との交流に興味があるわけですよね。普段、開かない大手企業のニュースレターのタイトルに「国際交流サイトがネットで話題!」と書かれていたら、たぶんチェックすると思います。

メールの場合、タイトルがとても重要なのです。

 

外国人の友達募集掲示板やSNSの場合、「タイトル」という概念がありません。

たいていの場合、顔写真、名前、年齢、国籍、言語、メッセージが、新しい順に表示されます。

国籍や言語は絞込検索できるので、サイト訪問者は、注意深く読むことはありません。

多くの人は、写真と年齢をチェックしながら、ページをスクロールすることになると思います。

だから、重要なのは、写真と年齢。年齢で戦略を練ることはできないので、写真がよいものなら、メール受信数が増えます。

しかし、この記事ではあえて、文章にこだわりたいと思います。

多くの人は写真と年齢だけをチェックしてページをスクロールし、イケメンや美女の写真でしかも若い人がいたら、文章を読もうと考えます。

しかし、人間の脳は、写真や年齢だけを見ているつもりでも、視界に入っている文字情報を脳に送り込んでいます。

だから、興味がある単語があると、脳が反応して、視点が止まります。

つまり、文章を読む気にさせることができるのです。

そこで重要になるのが、友達募集メッセージの一行目。

たいていの場合、写真が左サイドにあり、右側に名前や年齢情報がある。その下にメッセージが表記されます。

メッセージの一行目は年齢に近い位置にあるので、脳へ文字情報を送られやすいと考えられます。

そこに、ターゲットの外国人が興味をもちやすい単語を書いておく。



あっ、私が、在日外国人の友達を探すのによく使ってたのは、『ジェーピーマッチ』だよ。

もし、日本のアニメが好きなフランス人をターゲットにしたならば、フランス人が好きなアニメの名前が一行目に含まれるようにすると注目されやすい。

「〇〇が好きな日本人です。」(〇〇はアニメ名)

と書くだけでも、脳が反応しやすい。

もっと詳細に書くなら、「○○が好きなフランス人の方はいますか?」と書いてもいいと思います。

友達募集メッセージは自由に書いていいので、いきなり日記帳でもいいと思います。

「昨日、〇〇のイベントに行きました。○○を知っていますか?」と書いたっていいわけです。

重要なのは、フランス人が反応しやすいキーワードを見えやすい位置に挿入することです。

 

2.本文

 

一行目は、基本的に、キャッチコピーのような役割をします。

その後、ターゲットが興味をもちそうなことを、書きます。

ストーリーで書くと、親近感がわきやすいと思います。

外国人が 反応しやすいキーワードを重視するならば、箇条書きで、外国人が喜びそうなものを書くとよいと思います。

箇条書きをするときは「・」や「-」の記号または番号を付けて目立たせるとよいと思います。

ただし、箇条書きにするとやや堅苦しいイメージになってしまいます。

 

3.最終行

 

最後も重要です。

一行目と同じように目立ちやすいからです。

一行目と最終行は、改行を空白行を設けて、本文から分離させたほうが目立つと思います。

一行目と同じキーワードを盛り込んでも良いと思います。

ただし、最終行は、メールを送ってれということをアピールする必要があります。

先述の例であれば、「○○が好きなフランス人の方はメールを送ってください」と書くことになります。

(好きなアニメ名を書いてしまうと、焦点を絞りすぎていて、メールが届きにくくなることもあるので、もう少し、大きなジャンルのキーワードの方がよいかもしれません。)

 

【余談】

外国人はどんな連絡手段を教えてやすいのか?

メールアドレス(直アド)、電話番号、Skype ID、カカオトーク・・・。

基本はメールアドレスだと思う。


あっ、「在日」の外国人にこだわるなら、『OMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思うよ。外人がウヨウヨいるってあまり知られてないからね。

【参考リンク】外国人ユーザーが多いFacebookアプリ(OMIAI)
http://facebook.com/omiai/