スカイプで話せる外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



自己紹介で相性の良い外国人をメロメロにする2つのポイント

1.ターゲットが興味をもっていることを調べる

 

国際交流掲示板で仲良くなりたいターゲットを決めたら、ターゲットがどんなことに興味をもっているかを調べる必要がある。

注意してほしいのは、どこかのライターが書いた、洗練された文章を読んでも、あまり役に立たない点。

たとえば、日本人のライターが書いているような書籍がありますよね。あれは、単に、作家が自己主張を買うてするための情報だけを寄せ集めた、一個人の価値観に過ぎません。一個人の価値観といっても、日本人読者の共感を得る必要があるので、嘘を書いているわけではありませんが。。。

では、生の声を聞くにはどうすればいいのか?たとえば、あなたのターゲットが盆栽好きの外国人だとします。

(ペンパルサイトに盆栽好きが多いとは思えないので、おすすめしているわけではありません。)

その場合、海外のサイトを調べます。しかし、ライター(または優れたブロガー)が書いた盆栽専門情報はあまり役に立ちません。

あなたが交流するのは、盆栽好きの一般人だからです。

ですから、普通の人が、自由に書き込みをしているようなフォーラム系の掲示板を見るのがよいと思います。

フェイスブックページも参考になります。

フェイスブックページの場合、どんな話や写真に「いいね」がたくさんついているのかとか、コメントが多いかをチェックするだけでも、外国人が何に関心を持っているのかが一目でわかります。



あっ、私が、在日外国人の友達を探すのによく使ってたのは、『ジェーピーマッチ』だよ。

2.共感してもらえることだけを書く

 

ターゲットが興味をもつ事柄を理解したら、あとはそれをプロフィールに書くだけです。

言語学習が目的の人は、ついつい、英語の勉強だと思って、必要のないことまで書いてしまいます。

盆栽好きの外国人がターゲットなのに、趣味は映画鑑賞で、最近見た映画は、、、などという話を書いてしまう。

限られた文字数内で、共感してもらえるかわからないようなことを書くのは勿体ない。(文字数制限が厳しいわけではないので、長文のプロフィールを書くこともできますが、長すぎるプロフィールは「重い」印象を与えるので、あまり効果的ではありません。)

ターゲットが欲しがっている情報、共感してもらえる情報だけを書けば、十分です。

上の例なら、メール交換をしているうちに、盆栽以外の趣味について話題になることもあると思います。それならば、話題になった時に、映画鑑賞の話をすればよいのです。プロフィールで映画鑑賞の話をすることに特にメリットが感じられません。

 

【余談】

外国人との連絡に何を使うべきか?

メール(無料メール)、LINE ID、テレビ電話、フェイスブック・・・。

あなたが何を使いたいかではなく、外国人がまめにチェックする媒体が適切。


あっ、「在日」の外国人にこだわるなら、『OMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思うよ。外人がウヨウヨいるってあまり知られてないからね。

【参考リンク】外国人ユーザーが多いFacebookアプリ(OMIAI)
http://facebook.com/omiai/