スカイプで話せる外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



外国人と日本語で会話するときに好感度をアップするための3つの注意点

1.外国人が知っている単語を書く。

日本語を勉強中の外国人と交流することも多いと思います。

日本語だけで文字チャットすることもあります。

最近は、日本語(ひらがな、漢字)を入力するアプリが無料で簡単に入手できます。

だから、日本語を書く、外国人が増えてきました。

 

数年前は、日本語入力用の高額ソフトを持っている人だけが、漢字やひらがなを入力できただけでした。

でも最近は、日本語を勉強している人のほとんどは、ひらがなや漢字を使いこなしています。(以前は、日本語を書くとき、ローマ字で書く人が多かったので、読みにくかった。)

日本が上手だから、ついつい、日本人と会話するときと、同じ感覚で、文章を書いてしまう人も多いようですが、それは、相手に苦痛を与えることになりかねません。

たとえば、ペンパル掲示板で、友達募集メッセージを日本語で書いている若い女性をよく見かけます。

日本語学習中の外国人をターゲットにしているのですから、日本語で書いても良いと思います。日本語だけでメッセージを書くというのは、戦略としては間違っていないと思います。

しかし、問題は、ギャル同士で話すような言葉で書いてしまっている人がたまにいること。

日本人の私でさえ、わかりにくいなと感じてしまいます。おそらく、日本語が得意な外国人であれば、意味を理解することができると思います。

しかし、学校で習っている日本語とあまりにかけ離れているのは問題です。

たとえば、ギャル語で話したとして、外国人の男性が、それが一般的な会話口調なのだと誤解してしまう危険がある。

30歳をすぎた過ぎた外国人が、若者の話す言葉ばかりを覚えてしまって、「下品な外国人だな」と思われる危険もあるのです。

テレビで見る外国人が若者言葉を使うと一瞬だけ、親近感を持つのですが、それが続いたり、ちょっとした議論の際に若者言葉が出ると、「ウザい外国人」という印象が残るだけです。

日本語として正しい文章を書くことに神経質になる必要はないですが、世代に関係なく通じる、標準的な会話口調で話しかける必要があると思います。



あっ、私が、在日外国人の友達を探すのによく使ってたのは、『ジェーピーマッチ』だよ。

2.短い文を書く。

一つの文は、短めにすべきです。

少し長くなるだけで、混乱します。

特にメール交換の場合、文章が長くなりがちです。

会話口調で話しかけるということを意識すると、一文が長くなりすぎることは無いと思います。

 

今回の記事では、日本語を書くことを前提にしていますが、英語やその他の外国語でメール交換をするときも、1文が長くならないように注意すべきです。

英語を勉強していると、ついつい、勉強した文法をトレーニングするために、必要もないのに、長い文章を書いてしまうことがあります。

しかし、外国人との交流で語学力をアップする場合、会話重視なので、普段の会話でありえないような文章表現をトレーニングするべきではありません。

回りくどい言い回りを繰り返して、外国人を退屈にさせて、メール交換が早く終了したら、また、友達探しから始めたければなりません。

 

3.仲の良い友達に話しかけるように書く。

 

メール交換だと、どうしても堅苦しい文章になりがちです。

初心者の人は、「文通」のように、長文の「手紙」を書く傾向があります。

しかし、長文の手紙の交換は長続きしません。

最初のうちは、外国人と文通している自分に少し酔っているのですが、やがて、長文のメールを書くのが苦痛になってきます。

日本人の友達にメールを書くときのように、気軽な気持ちで書いたほうがよいと思います。

 

【余談】

ロシア人女性と日本人男性のお見合いサイトが意外に人気。

ロシア人男性と日本人女性のお見合いはない。

単純に経済的な問題のようだ。

ロシア人はの本人の経済力を期待しているのだ。

でもなぜ、ロシアだけなのかな。

たとえば、インド人やポルトガル人やギリシア人との出会い系サイトだって、成立するはず。

問題は、お金を払う額が少なくなるってことなのだと思う。

ロシア美女のために金を払う日本人が多いからビジネスが成立する。

 

 


あっ、「在日」の外国人にこだわるなら、『OMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思うよ。外人がウヨウヨいるってあまり知られてないからね。

【参考リンク】外国人ユーザーが多いFacebookアプリ(OMIAI)
http://facebook.com/omiai/