スカイプで話せる外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



裏アカで外国人友達を増やす方法

サブメールアドレスを作成するのが基本

外国人の友達探しをするときは、基本的に、フリーメールを使います。

普段、仕事や友達との交流に使っているメールアドレスは使ってはいけません。

人気のペンパルサイトの多くは、メールアドレスが掲示板にさらされるタイプのものだからです。

でも、普段使っているメールアドレスを使うのは危険すぎます。

 

スパムメールが届く理由

ペンパルサイトというのは、真面目に語学を勉強している人が集まる傾向があります。

また、運営者も、無料でサービスを提供している場合が多いです。

悪質なイメージはありません。

実際、悪質なサイトはあまりないと思います。

 

だから、運営者が故意にあなたのメールアドレスをスパム業者に売る危険は少ないと思います。

でも、問題は、運営者があまりパソコンに詳しくないことです。

セキュリティがあまい。

そもそも、無料サイトですし、そのために多額の経費をかけてセキュリティ対策をする運営者はいないと思います。

運営者の意図に反して、メールアドレスが外に漏れる危険があると思います。

だから、念のため、サブアドレスを取得すべきだと思います。

 

また、サイトが安全でも、交流した相手が悪徳業者だったら、メールアドレスが漏れる危険もあります。

SNS形式のサイトで、毎回ログインしてメッセージを送るという手もありますが、正直、面倒くさいです。

メールの方が手っ取り早いし、フリーメールでも、ヤフーメールやGmailなら、スマホアプリがあって、着信通知も届く。

だから、外人との交流用にヤフーメールをつくって、スマホアプリにログインした状態にしておくと、ヤフーメールの着信通知が届くと「あっ、外国人のペンパルからメールが届いた!」とわかるのです。

これの機能は結構便利です。



あっ、私が、在日外国人の友達を探すのによく使ってたのは、『ジェーピーマッチ』だよ。

だから、SNS内のメッセージより、メールでメッセージを交換したほうがいい。

ペンパルはまじめな人が多いので、相手が悪質業者だって可能性は少ないと思う。

しかし、問題は、外国人のパソコンがウィルスに感染してしまうこと。

 

海外では日本ほどウィルス対策ソフトが普及していません。

だから、外国人のパソコンがウィルスに感染すると、自動的に、メールがスパムメールがお送られてしまうこともあるのです。

だから、やはり、サブメールアドレスを取得すべき。

すべて、自己責任の世界。

 

SNSの裏アカはあまりお勧めしない

 

フェイスブックで友達をつくる時、裏アカをつくる人もたまに見かけます。

でも、あまりお勧めできません。

まず、フェイスブックの利点は、普段友達と交流している姿を外国人に見せることで、信用を獲得できるという点です。

裏アカで、ほとんど友達がいない状態だと、怪しまれます。

外国人の交流するだけのためにフェイスブックに登録した人が、写真もアップロードしない状態で、フェイスブックアプリで友だちを募集していることもあります。

あれもかなり怪しいですよね。

だれも、友リクを送らないと思います。

 

【余談】

普通は言語の勉強が先行して、それから、友達を探し始める。

ドイツ語を勉強しているから、ドイツ人の友達を探すとか、オランダ語を勉強しているからオランダ人の友達を探すといった具合。

しかし、漠然と外国人の友達が欲しいって場合もあると思う。

そういう場合、ターゲットを特定してから語学の勉強を始める。

そのとき、親日家が多いが、日本人でその国に興味をもっている人が少ないって国を選ぶと、出会いの確率が増える。

しかし、インドネシア語を勉強しても、インドネシア人と交流できる掲示板が存在しないと意味がないので、どこで友達を探すかを決めてから勉強を始めたほうがよい。


あっ、「在日」の外国人にこだわるなら、『OMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思うよ。外人がウヨウヨいるってあまり知られてないからね。

【参考リンク】外国人ユーザーが多いFacebookアプリ(OMIAI)
http://facebook.com/omiai/