スカイプで話せる外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



英語が苦手なのに外国人がメールを送りたくなるカラクリ

人は単語に反応する

ペンパル掲示板では、自己紹介文が、縦に並んでますよね。

多くの人は、年齢をチェックしながら、下へスクロールします。

ペンパルサイトの多くは20代前半です。。

20代前半だと有利なわけです。

それに対して、30代だと、それだけで、文章を読んでもらえません。

 

でも、あなたの文章に、外国人が反応しやすい言葉が含まれていたら、脳が勝手に反応してしまいます。

単語に目が固定されると、文章を読む確率が上がります。

 

たとえば、あなたがペンパル掲示板でラインで会話できる相手を探しているとします。

ペンパル掲示板だと、通常、メール交換が前提です。

だから、LINEについて触れている人は、それほど多くありません。

しかし、掲示板を早めの速度で、スクロールしていても「LINE」という単語があると、あなたの脳は反応してしまいます。

「あっ!LINE IDを公開している人がいる!」「どんな人かな?読んでみよう。」

つまり、外国人が反応しやすい言葉を理解することが重要ってこと。

 

キラー単語をどう探すのか

外国人の目が止まってしまうキラー単語を探すのは簡単。

外国人が普段使っている言葉をたくさん読めばいいだけです。

ただし、洗練された文章ではいけません。

本能的に書かれた文章。

会話調で書かれた文章が重要です。



あっ、私が、在日外国人の友達を探すのによく使ってたのは、『ジェーピーマッチ』だよ。

 

何度も推敲を重ねたうえで、書かれた文章では、単語が1人の書き手によって、選ばれてしまっているので、キラー単語が消えてしまう可能性があります。

たとえば、普段、親日家の友達同士で話す時に使っているスラングがあったら、推敲によって「この表現は下品だな」「不快に思う人がいるな」などという判断基準からつまらない言葉に変更されることだってあるのです。

だから、フェイスブックのように親日家が言いたい放題の場所で、頻出単語を探すのがよいと思います。

 

プロフィールにキラー単語をちりばめる

 

キラー単語が見つかったら、プロフィールの自己紹介文にちりばめます。

複数のキラー単語を使います。

でも、一番効果的だと思うキラー単語は、1行目に書くべきです。

多くの人は、年齢をチェックしながら、スクロールします。

その際、文章の1行目は年齢欄に近いので、目に入りやすいからです。

 

最終行も、他の人の年齢欄に近くなるので、目に入りやすいと言えます。

 

文の中間に、改行を設けたり、インデントすることで、目立つコメントを書くというのも効果的だと思います。

 

【余談】

都心に住んでいると外国人に出会う確率が高まる。

ペンパルが日本に旅行に来ることも多いからだ。

イタリア人、トルコ人、ブラジル人・・・親日家が多い国から東京に来る人は多い。

神奈川県に住んでいる人も簡単に東京に行けるから、外国人に出会いやすい環境であるといえる。

 


あっ、「在日」の外国人にこだわるなら、『OMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思うよ。外人がウヨウヨいるってあまり知られてないからね。

【参考リンク】外国人ユーザーが多いFacebookアプリ(OMIAI)
http://facebook.com/omiai/