スカイプで話せる外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



友達探し掲示板とSNS

ライバルが少ないサイトを探すのが基本

ネットで新しい友達や恋人を探す場合、ライバルが少ないサイトを利用するのが基本だ。

しかし、この簡単なことができない人が多い。

たとえば、雑誌や有名WEBサイトでペンパル掲示板が紹介されたとする。

すると、多くの日本人は、「有名な雑誌で紹介されているのだから、安全だ」と考えて、参加しようとする。

同じように考える日本人のユーザー数が急上昇することになる。

日本の雑誌で紹介されただけなので、外国人のユーザー数に変動はない。

つまり、日本人だけが異常に増えている時期に、外国人友達を探してしまう。

1人の外国人にたくさんの日本人からメールが届く。

外国人はすべてのメールに返信する元気はない。

たくさんの中から、数人を選んで返信する。

つまり、日本人が多いということは競争率が高いということ。

安全、健全、優良という言葉に弱い人たちは、そういった競争率の高い場所を利用してしまう傾向があるの注意したほうがいいかもしれない。

参加している外国人が悪徳業者とか、詐欺師というわけではないので、危険が及ぶわけではないが、返信率が低くなるので、多くの時間を無駄にすることになる。

では、どうすればいいのか。

 

単純に、日本人ユーザーが少ないサイトを使えばいいだけのことだ。

海外のサイトで、日本語未対応。デザインがダサくて、10年以上前によく見かけた異常にシンプルな掲示板。しかも、セキュリティーが甘そう。

怪しいので、日本人が使いたがらない。

こんな掲示板を利用したら、個人情報が流出し、スパムメールが届きまくる。ワンクリック詐欺にあうかもしれない。

オマケにウィルスに感染して、パソコンをハッキングされ、遠隔操作される。そんな不安がよぎるような怪しいサイトほど、日本人が少ないのだから、チャンスだと思うべき。

どうせ、使うのはサブメールアドレス。スパムメールが届き始めたら、メールアドレスを使うのをやめてしまえばいい。

大したリスクはないはずだ。

そもそも、ペンパル募集サイトにそんな悪質なサイトはほとんどない。

たいていの場合、まじめな運営者にプログラミング知識がないから、ダサいサイトになっているだけ。

どうしても不安ならば、漫画喫茶にでも行って、パソコンを使って、ファーストメールを送ればいいではないか。

とにかく、日本人が少ないサイトがねらい目ってことをわかっているだけで、外国人の友達を見つけやすくなる。

 

掲示板サイトよりSNS形式?

 

私の場合、掲示板サイトより、SNSの方が好きだ。

まず、簡易な掲示板の多くは、写真がなく、文字だけ。

だが、問題は、なぜか、年齢の記入が必須の掲示板が多いってこと。



あっ、私が、在日外国人の友達を探すのによく使ってたのは、『ジェーピーマッチ』だよ。

 

あなたが30歳以上なら、年齢を記入すると、友達と交流できる可能性が少し下がる。

 

なぜかと言えば、ペンパル掲示板のユーザーの多くは若い人だからだ。

 

  • お金がないから、英会話レッスンに通えない。
  • 出会い系サイトを利用するのは自尊心が許さない。

そんな人たち。

 

外国人も日本人も25歳以下の若い人ばかりの場所に、30歳以上の人が参加しても、不利になる。

 

だから、SNSを利用する。

SNSの何がよいのか?

 

写真を掲載できるのだ。

顔写真。

 

なぜ顔写真をのせるとよいのかといえば、欧米人から見ると、日本人は若く見えるからだ。

特に、年齢を非公開にできるサイトは便利。

顔だけ見て、会話のキャッチボールができる年齢かなと思われると、あまり年齢を聞かれないのだ。

多くの外国人は、年齢を教えないままメール交換やスカイプ(文字チャット)を始めると、必ず年齢を聞く。

でも、写真が掲載されていたり、テレビ電話で話すと、相手の顔が見えているので、老人ではないとういう安心感で、特に、年齢を聞かない警告がある。

要するに、年齢を聞く理由は、若者同士の会話ができるか否かってkとなのだ。

40歳以上でも、見た目がオシャレで、楽しい会話ができると思われれば、年齢を聞かれることもないし、普通に楽しい会話ができる。

そんなわけで、私をおすすめする。

 

ペンパルなら無料サイトで十分でも実際に会うなら・・・

 

ペンパルを探しているなら、無料サイトで十分。

でも、ペンパルサイトで、日本に住む外国人と実際に会うというのは、少しだけ難しかったりする。

まず、ライバルが多い。

英語のネイティブスピーカーで、しかも、日本に住んでいると言ったら、多くの人は、「この人と友達になりたい」と考えるはず。

つまり、すぐに人気者になってしまう。

競争率が高くなりやすいってこと。

あと、もう一つ、ペンパルサイトの利用者は、警戒心が強い傾向がある。

それに比べると、有料の出会い系サイトの場合、最初から会うことが目的なので、話が早く進みやすいのではないだろうか。

※ただし、日本に住んでいながら、日本のペンパルを探すというのもすこし、不自然。メール交換だけではなく、会うことを前提に友達を募集している人も多い。とはいえ、無料だと、やはりライバルが多いし、しかも、ペンパルサイトだと、異常にまじめな人間が多いので、長文のメールが届きまくる。それを考えると、ペンパルサイトに出会いを求めるのは、あまり賢くないかもしれない。

 

 

【余談】

ドイツ人やフランス人は日本のどんなところが好きなのだろう。

北海道の魅力を分かってもらいたいところだが、実際は、渋谷やお台場に連れて行った方が喜ばれたりする。

 


あっ、「在日」の外国人にこだわるなら、『OMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思うよ。外人がウヨウヨいるってあまり知られてないからね。

【参考リンク】外国人ユーザーが多いFacebookアプリ(OMIAI)
http://facebook.com/omiai/