スカイプで話せる外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



たくさんのメールを受け取る方法。逆ナンパされたい場合

ペンパル掲示板で友達を募集する。

多くの人は、文章を読んでもらえると思い込んでいる。

投稿さえすれば、韓国人、オーストラリア人、スペイン人、、、ターゲットに設定した国の人は当然読んでくれると思い込んでいる。

確かに、学習中の言語を韓国語、スペイン語に設定しておけば、韓国人やスペイン人は、絞込検索で、あなたの投稿を見る可能性は高まる。

だからといって、あなたが書いたメッセージを読んでくれるというわけではない。

文章が長くても短くても、基本的に読まない人が多いのだ。

外国人はあなたの自己紹介を読まないのが当たり前だということを前提に、「どうすれば読んでもらえるか?」を考えるのが重要である。

多くの人は、写真だけを見て判断する。

また、年齢が対象外だと、文章を読む可能性は減る。

たとえば、20歳のピチピチの女子大生JDが30歳以上の男性のプロフィール文を読もうとはしない。

また、ペンフレンドサイトでは、同性の友達を探している女の子も多い。

そういった場合、あなたが男だというだけで、自己紹介文を読んでもらえない。

 

だとしたら、自己紹介を書く意味はない?

 

そう思うかもしれない。

しかし、掲示板サイトは、新規投稿順に縦に長いページになっている。

ユーザーはそれを上から下に流していく。

その際、人によって視線を置く場所が異なる。

  • 同性の友達を探している場合、性別に着目することだろう。
  • 同世代の友達を探している場合、年齢に着目することだろう。
  • 金髪、白人目当ての場合、写真だけを見ることだろう。

しかし、人間の脳は、画面全体を認識している。

たとえば、性別だけを見ているつもりでも、実際は、年齢や自己紹介文も視野に入っているのである。

だから、もし、性別だけをもてスクロールしていても、プロフィール写真に自分のタイプの女性、たとえば、色白の清楚系セレブが写っていれば脳が反応してしまうのだ。

それは、文字についてもいえる。

たとえば、本屋さんに行ったときのことを想像してみてほしい。



あっ、私が、在日外国人の友達を探すのによく使ってたのは、『ジェーピーマッチ』だよ。

「文通のやり方」という題名の本を探していたとしよう。

あまり本屋に行かない人は、片っ端から、タイトルを心の中で読み上げながら、本を探す。

しかし、実はそんなことをする必要はない。

「文通」というキーワードはすでにあなたの頭の中に刷り込まれている。

その状態で、本棚の前に立ち、書籍のタイトルのあたりを目で高速でなぞるだけで、お目当たの本が見つかるのだ。

タイトルを心の中で読み上げなくても、勝手に、脳が「文通」という言葉に反応してくれるのである。

それだけではない、もし、「外国人彼女を探す方法」というタイトルの本があったなら、それに対しても脳が勝手に反応する。

あなたが興味のあるものを潜在意識が判断して、適切な本を見つけ出してくれるのである。

話は脱線したが、掲示板の文字情報についても同じことが言える。

たとえば、ブラジル人の女性に、日本人のミュージシャンAさんが人気だとしよう。

Aは、日本ではあまり人気がない。だから、国際恋愛をしたいと考える日本人が自己ピーアール文にAの名前を記すことは無い。

しかし、Aが大好きなブラジル人は、その名前が掲示板に含まれていると、脳が勝手に反応して、Aの名前の文字に始点が止まるのである。

無意識にそのような行動がとられるのを回避することはできない。

つまり、Aの名前さえ書けば、自己紹介文を読まれる可能性は飛躍的に高まるのである。

つまり、ターゲットにした外国人が興味をもちそうなキーワードを知っておけば、自己紹介を読んでもらえる。

そして、プロフィール文章に外国人のメリットになることが抱えていれば、年齢や性別に関係なく、メールを受け取れる可能性が高まるのである。

脳は勝手に、キーワードを認識してくれる。

 

しかし、文章の最初に書いたほうが、認識してもらいやすいと思う。

だから、最初の文章に、キーワードを盛り込むのが効果的だと思う。

たいていの場合、年齢、性別のすぐ下に文章が表示される。

だから、年齢や性別に近い位置にキーワードを書いた方がよいのである。

 

 


あっ、「在日」の外国人にこだわるなら、『OMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思うよ。外人がウヨウヨいるってあまり知られてないからね。

【参考リンク】外国人ユーザーが多いFacebookアプリ(OMIAI)
http://facebook.com/omiai/