スカイプで話せる外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



外国人が多く日本人少ない友達募集サイトを狙う

例えば、日本の有名な雑誌やテレビで、外国人の友達募集サイトが紹介されたとする。多くの日本人は、雑誌やテレビで紹介されるのだから安心だと考えて、利用し始める。

しかし、たいていの場合、有名な日本のメディアで紹介されたタイミングでサイトを訪れると、外国人参加者と日本人参加者のバランスが崩れている。

日本人の参加者だけが急増してしまうのだ。

こうなったら、外国人の友達は作りにくくなる。1人の外国人に届くメールの数が増えるので、メールを返信してもらえる可能性が低くなるのだ。

あなたが、掲示板にメッセージを書き込んだとしても、たくさんの日本人が投稿をするので、あなたの投稿はすぐに、下の方に流されてしまう。

この一番、友達ができにくい状況の時に、交流サイトに参加する人が驚くほど多いのだ。

他のページで外国人の友達を探せる掲示板やSNSを紹介したが、日本語に対応しているサイトの場合、タイミングを間違えると、メールの返信を誰からももらえない場合がある。

ちなみに、日本人に人気のJガイドは、いろいろなウェブサイトですでに紹介されてしまっているので、最近は、メールの返信がもらいにくい状況にある。(Jガイドの場合、海外のユーザー数も常に多いので、コツさえつかめば外国人の友達ができるかもしれないが。。。)
逆に、外国人のユーザーが急増したタイミングに、一気に友達を増やすことも可能。



あっ、私が、在日外国人の友達を探すのによく使ってたのは、『ジェーピーマッチ』だよ。

外国のメディアで紹介されたタイミングで、交流サイトに参加すればよい。

たとえば、親日家がチェックしているようなウェブサイトやフェイスブックページで、日本人と外国人の交流サイトが紹介されたタイミングで、サイトを利用すれば、効率的に友達を増やすことができる。

その他だと、たとえば、日本語未対応の友達募集掲示板の場合、日本語でグーグル検索してもサイトがヒットしないので、常に日本人のユーザーが不足する傾向がある。

だから、外国人の友達募集サイトを探す時、日本語ではなく、あなたが勉強している言語でキーワードを入力して検索した方がよい。

ヒットしたサイトの中には、セキュリティーが甘くて、投稿するのが怖くなるようサイトもある。こういう怪しいを日本人は嫌う。しかし、日本人が利用しないということは、競合が少ないということなので、友達がつくりやすいといえる。

海外の怪しサイトに、メインのメールアドレスを使うの危険だが、無料で取得したヤフーメールやGmailを使うのであれば、何のリスクもない。利用してみる価値は十分にあると思う。


あっ、「在日」の外国人にこだわるなら、『OMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思うよ。外人がウヨウヨいるってあまり知られてないからね。

【参考リンク】外国人ユーザーが多いFacebookアプリ(OMIAI)
http://facebook.com/omiai/