スカイプで話せる外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



友達探しのコツは国を絞り込むこと!

外国人の友達を探している日本人の多くは言語学習が目的だと思う。ネイティブスピーカーと話して、会話力を上達させたい。

たとえば、アイルランド語、スウェーデン語、ミャンマー語、ハンガリー語のように、言語を話す国が一つの場合、友達を探す国も限定される。

しかし、英語やスペイン語を勉強している場合、多くの国で言語が話せれているので、ネイティブスピーカーならばどこの国でもいいと考えがちだ。

基本的には、どこの国の人と友達になっても良いのだが、初心者の場合、ターゲットを絞り込んだほうが良いと思う。ターゲットを絞ったほうが、友達が増える可能性が高いからだ。また、初心者の場合、ターゲットの国を特定していないと、会話が長続きしない可能性が高い。

たとえば、海外のペンパル募集掲示板で以下のような友達募集メッセージがあったとする。

外国人A「世界中の人と友達になりたいです。誰でもいいので、メールをください。恥ずかしがらずにメッセージを送ってください。」

外国人B「子どものころから日本が大好きで、今は大学で日本語を学んでいます。来年、東京の大学に留学する予定です。日本語を勉強したいので友達になってください。」

この2つのメッセージが海外のサイトにあった場合、日本人であれば、Bさんにメールを送るはずだ。日本が好きと書かれているので、日本人の多くは、「まさに私にピッタリの相手だ」と判断するからだ。

それなのに、日本人の多くは、以下のようなメッセージで友達を募集してしまう。

ダメな日本人「英語を勉強している日本人です。世界中の人と友達になりたいです。」

顔写真を掲載した日本人女性であれば、このようなメッセージでも、ナンパ目的の外国人から、メールが届くかもしれない。また、日本人の参加者がほとんどいないにもかかららず、親日家が多いようなサイトの場合、上のようなメッセージでもたくさんの友達ができる。



あっ、私が、在日外国人の友達を探すのによく使ってたのは、『ジェーピーマッチ』だよ。

しかし、上の「ダメな日本人」のメッセージと並んで、以下のような日本人の投稿があったとする。

賢い日本人「私はアメリカが大好きで、高校生の時に3か月カリフォルニアに留学したことがあります。今は、5月にアメリカ各地を旅行するために、英語を猛勉強中です。このサイトでアメリカ人と友達になれたらよいなと思っています。」

もし、アメリカ人が「賢い日本人」と「ダメな日本人」の投稿を見たら、間違いなく、賢い日本人の方にメールを送るはずだ。

また、興味がない国の人が相手だと、話のネタがすぐに尽きてしまうという欠点がある。それに対して、自分が旅行したことがある国だと、質問したいことがたくさんある場合が多いので、会話が長続きしやすいと言える。

ただし、あえて人気のない国をターゲットにするというテクニックもある。

たとえば、スペイン語を勉強している日本人がいるとする。スペイン語を勉強中に日本人の大半は、スペインに憧れている。だから、スペイン人の友達を探している日本人も多いので、メールを出しても返信してもらえない確率が高くなる。

そこであえて、南米のスペイン語圏(アルゼンチン人、メキシコ人、チリ人・・・)の友達を探す。

中南米のスペイン語圏でも、日本のアニメは人気だし、南米には日系人が多いので、日本人が想像している以上に、親日家が多い。言語学習が目的なら、友達をたくさん作ってたくさん会話した方が絶対に良いと思う。

ただし、すでに書いたように、相手の国をまったく知らないと、会話が長続きしにくいので、日本人に不人気の国にターゲットを絞る場合も、国名を絞り込んだ方がよいと思う。

たとえば、コロンビア人と交流用と思ったら、コロンビア人にばかりメールを書く。そして、観光ガイドを見て、コロンビアについて学ぶ。複数のコロンビア人の友達ができると、コロンビアの文化についての知識が蓄積されるので、話のネタが探しやすくなる。


あっ、「在日」の外国人にこだわるなら、『OMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思うよ。外人がウヨウヨいるってあまり知られてないからね。

【参考リンク】外国人ユーザーが多いFacebookアプリ(OMIAI)
http://facebook.com/omiai/