スカイプで話せる外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



外国人に自己紹介する方法

外国人に自己紹介しなければならない。俺の場合、英語、スペイン語、イタリア語でプロフィールを書く。

でも、語学と達人というわけではない。英語は特に苦手で、中学レベル。ただし、友達になる外国人は、日本語を勉強中の人が多いので、ポーランド人、ルーマニア人、ベトナム人、インドネシア人等との交流も成立する。相手の日本語能力が高ければ、日本語だけでスカイプすることも可能。

他のページにも書いたが、俺の場合、語学の勉強だけが目的ではない。コミュニケーション能力をアップしたいという目的があるので、日本語で外国人とチャットする機会も多いのだ。

とはいえ、やっぱり、自己紹介ぐらいは相手の国の言語で書いた方がよいと思う。相手の国の言葉で自己紹介を書けば、「まじめに語学を勉強している人だ」と思われる。そうすると、メールの返信をもらえる可能性が高まる。

そこで、重要になるのが、自己紹介の書き方。

日本語で考えて、それを英語やスペイン語に訳そうとすると、うまく訳せない場合が多い。特に俺はあまり、外国語が得意ではないので・・・。

だから、苦手な言語で自己紹介をする場合、俺は、人のマネをすることにしている。要するに、コピペ(コピー&ペースト)。

例えば、スペイン人が欲しい場合、スペイン人の自己紹介文をたくさん読んで、コピペすればいい。

文例はたくさんあったほうがいいので、海外で人気のペンパルサイトを利用するのが良い。

上手い具合に、自分の職業とか趣味の部分だけ単語を入れ替えればいい。



あっ、私が、在日外国人の友達を探すのによく使ってたのは、『ジェーピーマッチ』だよ。

ペンパルサイトはたくさんあるので、自分が投稿するサイト以外で、文例を探すのが基本だ。

一回で、完璧な自己紹介を書こうと考えると、時間がかかって大変だと思うので、新しい交流サイトに新規登録するたびに、少しずつ、自己紹介の文例を増やしていくと、完成度の高い自己紹介ができるようになると思う。

また、外国人の自己紹介を読んでいると、海外では、自己紹介でどんなことを書くのが普通なのかがわかるというメリットもある。

ただし、完璧な外国語の自己紹介を書くと、言語力があると勘違いされてしまう恐れもある。

俺の場合は、外国人の友達募集メッセージを読んで、日本語がある程度話せることを確認して、メールを送るので、コミュニケーションが成立する。でも、もし、自分で友だちを募集するときに、完璧な外国語で長文の自己紹介を書いてしまうと、日本語を一切話せないような外国人からのメールが届いてしまうので、大変だと思う。

だから、語学力がないのに、自分から友達募集の投稿をする場合、日本語で自己紹介を書いて、その最後に相手の国の言語で、2行ほどのメッセージを書くのが良いと思う。

2行で良いので、外国語でのメッセージをつけ足したほうがいい。外国人と日本人の交流サイトは、まじめに言語を学んでいる人が多いので、「英語を勉強してます。」と書いて、英語を一切書いていなかったりしてら、やる気のない人だと思われるだけだ。

友達を探しているだけという外国人もいるので、言語学習していることを必ずしもアピールする必要はないが、言語学習中としたほうが、友達が増やしやすいと思う。


あっ、「在日」の外国人にこだわるなら、『OMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思うよ。外人がウヨウヨいるってあまり知られてないからね。

【参考リンク】外国人ユーザーが多いFacebookアプリ(OMIAI)
http://facebook.com/omiai/