スカイプで話せる外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



外国人友達とスカイプで話す?ラインで話す?

結論から言えば、初心者は、フェイスブックで交流するのが一番良いと思う。

pairsのようなフェイスブックアプリで友達を探す方法もあるが、色々な掲示板やSNSで友達を探して、フェイスブックに誘導する手法もある。

30歳以上の男の場合、pairsで時間の節約をしたほうがいい。

今は、ラインが流行っているのでついつい、ラインを優先させたいと思うかもしれない。

ちなみに、俺はスカイプ愛好家だが、最近は外国人のスカイプユーザーが減っているので、なかなか話し相手が見つからない。

その一方で、親日家の外国人の中には、ラインに興味を示している人が増えている。日本のニュース番組で騒がれているほど、ラインが世界で普及しているとは思っていない。相変わらず、ユーザーの大半は日本人。

しかし、「日本が好きな外国人」は、いろいろなウェブサイトで情報収集をして、日本でラインが大ブームになっていることを知っている。だから、ラインでの交流を求めると、それに応じてくれる可能性は高い。

ある意味、これはすごいチャンスだととらえることもできる。たとえば、フェイスブックが海外で流行り始めたころ、知らない人から友達リクエストが届いたら、「とりあえず承認」、または、「友達数を少しでも増やしたい」という人が多かった。俺は、フェイスブックが日本語対応する以前、つまり、海外でフェイスブックが流行り始めたころに、フェイスブックに登録したので、一気に友達を増やすことができた。外国人に、友達申請をすれば、簡単に承認されたのだ。



あっ、私が、在日外国人の友達を探すのによく使ってたのは、『ジェーピーマッチ』だよ。

数年前、ラインが日本で流行り始めたばかりのころ、「メールや電話番号は教えたくないけど、ラインならいいよ!」という女性が多かったと思う。でも今は、ラインが重要な連絡手段になってしまったので、簡単に人に教えたりしない。

しかし、親日家の外国人の間では、まだ、ラインが流行り始めたばかり。つまり、ラインIDを聞けば、簡単に教えてくれる。フェイスブックで友達になるのを警戒しているような外国人でも、ラインならいいよと言ってくれるわけだ。だから、もしかしたら、チャンスなのかもしれない。

ただし、注意すべき点もある。外国人の友達を探しているような人は、まじめな日本人が多いと思う。だから、ラインの裏事情を知らないかもしれない。

数年前、「ライン掲示板」なるものが、「出会えるサイト」としてブームになったことがある。無料で利用できて、しかも、遊び相手がすぐに見つかる。しかし、ライン株式会社はこのような利用方法を好ましくないと判断し、ライン掲示板を利用したユーザーのIDをブラックリストに入れるという処置をするようになった。だから、下手に、掲示板でIDを公開すると、ブラックリストに入れられる危険がある。

ですから、ラインで外国人と交流したい場合、メール交換で仲良くなってから、ラインIDを教えあうようにしたほうがいいと思う。メール交換を繰り返して、もう友達になっているわけですから、トラブルに巻き込まれる可能性も少ないですし、友達のラインIDを追加するのは利用規約違反ではないはずだ。

ちなみに、外国人のペンパル募集掲示板に、直接、ラインID、スカイプID、フェイスブックURLを書き込んでいるような人は、不特定多数の人と接触したがっている人たちなので、仲の良い友達になれる可能性は低いといえる。


あっ、「在日」の外国人にこだわるなら、『OMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思うよ。外人がウヨウヨいるってあまり知られてないからね。

【参考リンク】外国人ユーザーが多いFacebookアプリ(OMIAI)
http://facebook.com/omiai/