スカイプで話せる外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



よだれが出るほど欲しい情報をもっていることを伝えれば・・・

ネット交流と、セールスは似ていると思う。

 

友達募集メッセージや恋人募集メッセージは、セールスレターのようなもの。

セールスレターで、よだれが出るほど欲しいものを提示できれば、レターを読んだ人はすぐに商品を買う。

自己紹介文やファーストメールも、相手が欲しいものを提示できれば、交流が成立する可能性が高のだ。

 

たとえば、外国人のバンギャルがいたとする。

外国人が好きなミュージシャンを街中で見かけたので、スマホで写真を撮りまくったということを知らせれば、絶対に見たがるはずだ。

外国人のバンギャルは、フェイスブックのアルバム内にネットで集めた写真をコレクションしている人が多い。



あっ、私が、在日外国人の友達を探すのによく使ってたのは、『ジェーピーマッチ』だよ。

誰も持っていない写真となれば欲しくて仕方がなくなるのである。

 

外国人コスプレイヤーだったら・・・

 

コスプレイベントの写真が、見たがるかもしれない。

 

とにかく、相手が欲しがるものを、提供できることをアピールすれば、交流を始めることができるのである。

継続的に写真や情報をゲットできるとわかれば、「この人と友達になれてラッキー!」と思うはずだ。

 

その結果、交流が長続きする。

 

アイルランド人でも、カナダ人でも、ブラジル人でも、同じ手法で、告別扱いされることになるはずだ。

 

 


あっ、「在日」の外国人にこだわるなら、『OMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思うよ。外人がウヨウヨいるってあまり知られてないからね。

【参考リンク】外国人ユーザーが多いFacebookアプリ(OMIAI)
http://facebook.com/omiai/