スカイプで話せる外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



メールの内容で返信率が異なる

メールの内容を読んで返信するかを判断する。

 

だから、メールの内容を変えれば、返信率も異なる。

 

たとえば、同じサイトに2つのアカウントを作成。

 

そして、10人の外国人の2つのアカウントで、それぞれ別の文章を送ってみる。

 

そうすると、返信する人がそれぞれのアカウントで異なる。

 

日本の出会い系サイトを利用する時を例にとればわかり易いかも。

 

メールに静岡県に住んでいますと書いて、東京都に住んでいる人にメールを送ったら、返信される可能性はあまり高くないハズ。

 

でも、埼玉県に引っ越す予定ですと書いた場合、返信率は上がるだろう。

メールの内容といっても、基本的には、キーワードが重要だと思っている。



あっ、私が、在日外国人の友達を探すのによく使ってたのは、『ジェーピーマッチ』だよ。

もちろん、話に人を引き込むストーリー性も重要なのだが、それについては別の機会に書こう。

 

相手が反応しやすいキーワードが書かれていると、ついつい反応してしまう。

 

相手の外国人がバンギャルだったとする。

 

そんなことは、相手のプロフィールを見て予想できる。

そうしたら、相手の好奇心に引っかかりそうなキーワードを文章内に盛り込めばいい。

たとえば、アーティスト名やイベント名。

 

人は、誰かに共感されることを求めている。

 

バンギャルが日本人と友達になりたいとしたら、共感を求めているはずなのだ。

 

同じ国の人にも共感してもらいにくかったりするからだ。

 

 


あっ、「在日」の外国人にこだわるなら、『OMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思うよ。外人がウヨウヨいるってあまり知られてないからね。

【参考リンク】外国人ユーザーが多いFacebookアプリ(OMIAI)
http://facebook.com/omiai/