スカイプで話せる外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



反応率をチェックする人は少ない

多くの人は、一度、友達募集メッセージを書いたら、ほったらかし。

 

メールだって、書くときの語学能力で、最高のものと書くだけ。

 

実は、最高と思っているだけ。

 

文法力がアップしても、反応率の高いメッセージが書けるようになったということではない。

 

綺麗な文章を書けても、外国人がそれに反応しなければ意味がないのである。

国別に反応率が異なるかもしれない。

韓国人とオーストラリア人とルーマニア人が同じ反応だったら、それはそれで問題がある気もする。

 

具体的な例を示そう。

 

たとえば、友達募集メッセージ内に、「〇月に韓国に行きます」と書いたとする。



あっ、私が、在日外国人の友達を探すのによく使ってたのは、『ジェーピーマッチ』だよ。

 

そしたら、韓国人の反応率は高くなるが、オーストラリア人やルーマニア人は見向きもしない。

 

だが、重要なのは、反応率は予想できないこと。

自分のメッセージを自画自賛しているだけではダメなのだ。

 

計測は簡単ではないか。

 

たとえば、ラインIDを記入し時と、スカイプIDを記載した時、どちらが友達追加数が多いか。

 

友達申請してきた人の人数を数えて比較すればいいだけの事。

 

そして、その数字をメモしておく。

 

問題は、完全に正確な計測はむずかしいってこと。

サイトのアクセス数そのものが常に変動しているからだ。

 


あっ、「在日」の外国人にこだわるなら、『OMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思うよ。外人がウヨウヨいるってあまり知られてないからね。

【参考リンク】外国人ユーザーが多いFacebookアプリ(OMIAI)
http://facebook.com/omiai/