スカイプで話せる外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



ダサくても長文

フェイスブックが流行りだしたころからある現象が起きている。

 

メッセージの短文化。

ツイッターがさらにその傾向を加速させた。

 

それだけではなく、メールもみな短文になった。

携帯で送るのが当たり前になったからだ。

 

一昔前ならば、出会い系サイトでは、PCメールを長文で書くのが当たり前だった。

 

しかし、若者がメインの出会い系アプリで長文のメッセージを送ったらウザいと思われるだけだ。

この傾向は世界的だと思う。

 

インドネシア人だって、ニュージーランド人だって、フランス人だって、若い人たちはネットを携帯でチェックする時代なのだ。



あっ、私が、在日外国人の友達を探すのによく使ってたのは、『ジェーピーマッチ』だよ。

 

外出時にスマホで気軽にSNSにアクセスして、メッセージをチェック。

スマホでメッセージをチェックして、PCでアクセスして、メールを書くなんて面倒。

2度手間。

 

だから、スマホでメッセージを返信する。

 

何もおかしいことではない。

 

だから、長文メールはダサいこと。

 

しかし、国際交流や国際恋愛をしたいならば、長文メールを書いたほうがいいと思っている。

 

携帯やスマホのメール交換というのは、一日数回、会話をするという前提なのだ。

でも、時差の関係で、欧米人とそのような交流はむずかしい。

つまり、短文メッセージでペンパルと交流しようとすると、交流の速度が遅くなりイライラするのだ。

 

 


あっ、「在日」の外国人にこだわるなら、『OMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思うよ。外人がウヨウヨいるってあまり知られてないからね。

【参考リンク】外国人ユーザーが多いFacebookアプリ(OMIAI)
http://facebook.com/omiai/