スカイプで話せる外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



金髪の青い目の白人美女か、ピチピチの東南アジアのかわいこちゃんか?

まずターゲットを決める

 

多くに人は、外国人のターゲットを決めるとき、

自分の好みだけを考える。

・ウクライナのスレンダー白人美女がいい。

・青い目のイケメンのスイス人がいい。

・顔は日本人に近くて、優しい韓国人がいい。

・コロンビアのラテン系美女がいい。

 

自分の願望を言ってるだけ。

商品を開発するとき、

自分がつくりたいものじゃなく、

お客さんが何を求めているか考える。

上の例は、勝手に自分がつくりたいものを言っているようなもの。

 

商品が売れないとの同じで、

自分を売ることができない可能性がある。

 

需要はあるのかい?

 

ではどうやって、ターゲットを決めればいいのか?

自分がどんな人たちに求められているのかを考える。

 

たとえば、

欧米の白人美女に憧れる人は多い。

欧米人なんて、絶対無理とあきらめる必要もない。

問題は需要があるかってことだから。

 

普通に考えると、

欧米と、アジアで、日本人男性が有利なのは、

アジア。

 

でも、たとえば、40代の男だったらどうだろう。

同じアジアの人から見ると、

ただのオッサンかもしれない。

 

でも、欧米の人から見ると

日本人の男は、若く見られる。

(女も若く見られる。)

 

ってことは、もしかしたら、

白人美女を狙ったほうが

有利な点もあるかもしれない。

 

でも、年齢差があるからと言って、

アジアを諦める必要もない。

 

たとえば、

日本人とフィリピン人の

年齢差カップルは非常に多い。

 

だが、相手がフィリピーナの場合、

少し面倒な点もある。

 

たとえば、金銭目当てとか、

日本のビザを獲得するのが目的だったり

する場合もあるのだという。

 

しかも、フィリピンの習慣では、

フィリピーナの嫁を貰ったら、

なぜか、そのフィリピーナの家族や

親戚にたかられるらしい。

 

最近は、安定した収入が期待できる

日本人男性をロシア人美女が求めることもあるようで

日本人とロシア人の見合いも盛んらしい。

 

自分の趣味も関係する

 

通常、ペンパルサイトで探すのは、

親日家の外国人。

 

だから、基本的には、日本人の男がダサい

などと考える人はいない。

 

だから、いかに、自分のキャラを作り上げるって

ことも重要だと思う。

 

基本的に、外国人が求めているのは、

日本のことを話してくれる人。

 

でも、なぜか、日本人の多くは、

どうでもいい歴史文化などといった、

需要のないものを提供するのだ。

 

相手が、Jポップが好きとか、アニメが好きと

はっきりプロフィールに書いているのに、

 

そんな相手に日本の

本当の良さを伝えようとか

勝手なことを考え始める。

 

相手が求めていることを提供すればいいのに、

自分が提供したいもの無理やり押し付ける。

 

邦楽は聴きませんなんて言わないで、

外国人との交流用に邦楽を聴きまくったほうが賢い。

たいした苦痛ではないだろうしね。

スカイプしてくれる人だけを選ぶ方法※オンライン状態が長い/日本人の友人がいない

スカイプで話せる外国人

 

人気のペンパルサイトで、

不特定多数の人にメールを送りまくって、

スカイプに誘うとか、

自分と気が合いそうな人を

スカイプに誘うとか、

そういうのって、効率的じゃないと思う。

 

師匠は、ナンパ相手を探す時、

かわいい子を探すとか

ヒマな子を探すとか、

お金がなさそうな子を探すとか、

ノリが良さそうな子を探すとか、

男性経験が豊富そうな子を探すとか

そういうことより、重要なことがあるっていうんだよね。

 

それは、「口説かれやすい女性」であること。

 

ナンパ師の人は無意識にそれがわかるようになってるんだよね。

潜在意識が相手のしぐさとか、

目線とか、

ファッションとか

を見て、この人は「口説かれやすい」って

判断するんだろうね。

 

口説かれやすいというのを言い換えると。

・洗脳されやすい。

・催眠術にかかりやすい。

ってことなんだよね。

 

よく、メンヘラとか、バンギャルがナンパ師に

狙われるのは、

どこか、心の隙があるのかもしれない。

 

掲示板からスカイプしそうな人だけ探す

 

たとえばね、

ペンパル掲示板の場合、

メールのみの交流しか頭にない人って

なんとなくわかるんだよね。

 

たとえば、もし、あるポーランド人女性が

> 来月、日本に行きます。

って友達募集メッセージに書いていたとするよね。

 

もし、メールだけの交流を求めてるなら、

日本に行くことなんて書く必要ないんだよね。

要するに、実際に旅行で行ったときに

国際交流したいなって気持ちがなければ、

日本に行くなんてことは書かない。

 

スカイプをしたい場合、ズバリ、

スカイプIDを書き込んでいる人もいる。

 

でもこの手のタイプは、

たくさんの日本人とスカイプで話すことになるので、

あまり、魅力がない。

 

俺としては、スカイプする日本人は俺だけ、

という状態にしたい。

 

そのほうが、この人は特別仲がいいって認識されるから。

 

スカイプじゃなくてもFacebookでもいいよね。

 

友達募集掲示板でFacebookのURLを公開している人もいるからね。

友リクする日本人は、たいていの場合、コメント欄での交流で

終わる。

 

俺だけは積極的にチャットに挑むとかね。

 

ただし、Facebookに誘導する人は、

俺の経験では、

薄い付き合いしかしない人が多い。

 

だから、メールで始まって、Facebookに誘うというのは有りだど、

友達募集掲示板で、Facebookの友達になるってのは

初心者向けであって、

上級者向けじゃないと思う。

 

Facebookで直に友達になるのはOK。

友達募集していないような相手と仲良くなる。

 

結局、スカイプできそうな相手をどう見極めるのか。

まだ、完全に方法論が定まってないんだけどね。

 

ただ一つ言えるのは、

マイナーサイトで友達を探している外国人で、

日本人のメールが届いてないなって感じることがある。

 

それはサイトの賑わい具合とか、

相手の国籍とかをみて、何となく感じる。

 

そういう相手にメールを書くと、

相手は、喜ぶ。

 

はじめての日本人の友達を逃したくない。

そうなると、スカイプの誘いにも

答えてくれる場合が多い気がする。

 

ただ、最近感じるのは、

フェイスブックが流行って以降、

スカイプをまったくオンラインにしてない人が多いってこと。

ライブメッセ―んジャーは使ってたけど、

スカイプはインストールしたことない

なんてい人もいるわけだよね。

 

やっぱりラインの時代なのかな。

 

あと、スカイプの誘いに応じやすい人ってのは、

上の方に書いた、ナンパされやすい女の子だったりする。

問題は、文章や趣味だけでどうやってそれを読むかってこと

何だけどね。

外国人と出会えるサイトを探す前にアピールポイントを考える

多くの人は、外国人のターゲットを自分勝手に決める。

・美人

・白人

・アメリカ人、カナダ人、イギリス人、オーストラリア人

・日本語を勉強している女子大生

まず英語を勉強したいって目的があるのだが、

どこかで、かわいい子と話したいって気持ちもある。

そして、ライバルが多い線状に挑み撃沈。

 

だからと言って、単純にライバルが少ない場所を

探せばいいってわけでもない。

 

師匠は、ターゲットの選び方を重要視する。

自分を商品に例えて、

それが売れるか考えればいいんだって。

 

その商品設定が間違ってる。

・日本語を話せる日本人。

こんな商品設定、価値がないわけ。

 

少なくとも、日本人がたくさん参加している場所で、

40歳以上のオッサンが、

日本語が話せるだけで、

日本語勉強中の女子大生と簡単に

友達になれるって考えてしまう。

 

日本語を話せて、しかも、メッセージを日本語で書いている女子大生。

そういう人にはたくさんのメールが届くよね。

全ての人に返信を書いていたら、

たいへん。

 

ペンパルサイトはまじめな人が多いから、

長文のメールを送ってくる人が多い。

自分も長文で返信しなければいけない。

大学も忙しいし、

家でも本を読みながら勉強しないといけない。

日本人のペンパルへの返信は1日一通しか書けない。

 

そんな状態で、10人以上とメール交換したら、

返信の速度が遅れるし、

相手がどんな人だかすぐに忘れてしまう。

 

結局、ペンパルは数人に絞り込まれる。

その時、単に

日本人ってだけの40代だったら、

ファーストメールの返信ももらえない。

 

でも、もし40代だったとしても、

たとえば、女の子が日本のアニメが好きで、

日本人の男が、アニメのクリエイターとして

CG作成の仕事をしていたとしたら、

20歳のナンパ目的の大学生より、

40代のアニメクリエイターとメール交換したいって

思うでしょ。

 

たとえば、商品開発するとき、

自分が売りたいものを勝手に作るって発想は、

稼げない芸術家の思考なんだよね。

人気の商品を作りたければ、

客が何を求めているのかを考える。

需要があるかを考える。

 

外国人との交流の時、

自分を商品に例えた場合、

一見、すでに商品は決まってるように見える。

でも、実際は、同じ人間でも、

どんなサービスをするかで需要は変わってくるでしょ。

掃除をするのか、

マッサージをするのか、

運転手をするのか、

日本語教師をするのか。

 

要するに、自分のキャラの設定なんだよね。

多くの人は、何のキャラも意識しない。

だから、自己紹介で何もアピールできない。

 

趣味は映画鑑賞です。

 

それでおしまい。

 

もし、アニメ好きキャラで行くのだとすれば、

> 東京のコスプレイベントは、必ずチェックして参加してます。

> 僕はコスプレはしませんが、アニメが好きで、

> 写真も好きなので、、、、

 

要するに、アニメ好き、コスプレ好きってキャラに

需要があると判断して、

それをアピールできれば、

友達ができやすいってこと。

 

上のメール、場所を間違えると、

単なるキモいカメラ小僧なわけだけど、

海外のコスプレ人気を理解して、

適切な場所で募集できれば、

大人気になる可能性があるわけだよね。

 

だって、外国人からすれば、

日本人と交流できたり、

日本のコスプレイベント参加者の生の声が

聞けるんだから、喜ぶにきまってる。

 

外国人が何を求めて交流サイトに参加しているのか。

それを理解するのが重要なわけですよ。

 

写メをプロフィール写真に掲載すれば中年オヤジや30代40代の女性でも外国人の友達ができるってことなのですよ

覆面して街を歩いたら怪しいでしょ

30歳以上の人は、ネットに写真を載せたがらないのですよ。

でも、それって超怪しいわけですよね。

自分が写真を載せていないのに、

顔写真をしっかり載せてる相手にメッセージを送る。

 

顔写真なしの掲示板だったら問題ないんだよ。

でも、言語交流SNSで

外国人はみんな顔写真を掲載してるのに、

そういう相手に顔写真なしで

メッセージを送って、

本気で返信がくると信じてる人がいるわけ。

 

写真を掲載している人から見ると、

写メなしの人なんて極めて怪しいんですよ。

 

もし、写メなしで、返信がくるなら、

よほど女に飢えたエロ外国人男ぐらいじゃないのかな。

 

年齢を書かなくてよくなるわけですよ

 

外国人との交流サイトで友達を募集する女の子は

若い人が多いんだよね。

 

たぶん、アラサーとかアラフォーも利用してると思うよ。

でも、そういう女性は、若いこと並ぶのが嫌だから、

掲示板には投稿しないわけ。

 

自分からメールを送ってるんじゃないのかな。

 

それでね、問題は、若い女の子、、、

相手の年齢を聞きたがるんだよね。

 

俺は30代なわけで、

彼女たちの価値観では

アウトわけ。

 

外人の30代って、

ハゲ、デブ、白髪、しわ、、、、

結構、貫録出ちゃってるわけよ。

 

でも、日本人の30代って、

欧米人からみると

かなり若いわけ。

 

彼女たちがおそれているのは、

腹が出たハゲオヤジと

本当に会話が合うのかってこと。

 

でも、写真を見せて、

痩せて若い男が映ってると、

とりあえず、会話が成り立つなって思うわけ。

 

そしたら、正確な年齢なんて

どうでもよくなるわけ。

 

年齢を聞くのが失礼だって

考え方は海外の方が普及してるからね。

 

だから、写真を載せておけば、

30代、40代の女性だって、

若いイケメン外国人から

メールを送ってもらえる可能性があるわけ。

 

師匠は、俺みたいに弱気じゃないから、

堂々と、年齢隠さないみたいだけどね。

年の差を分かったうえで、口説ける女を探すような

ネットナンパの達人だからね。

 

でも、師匠が大学生とデートできたりするのも、

日本人が若く見えるってことと、

無縁ではないと思う。

 

ジャパンガイドみたいな口コミ評判が良いサイトで初心者は失敗するのですよ

そりゃ、ジャパンガイドは優良サイトだよ

 

だれだって、口コミの評判が良いサイトは

安心だよね。

でもね、

師匠は口コミなんて気にしないのですよ。

 

なぜかって?

 

単純なこと。

口コミの評判がいいと、

ライバルが増えるから。

 

たとえばね、

宝くじ。

A. 1等が3つ当たった宝くじショップ

B. 1等が1つ当たった宝くじショップ

これ見て、みんなAのショップに行くわけ。

 

だって、3つと1つじゃ、Aの方が当たりやすいじゃん。

でもね。

考えが甘いんだよね。

 

Aのショップは、宝くじを3000枚売ったとする。

Bのショップは、宝くじを300枚売ったとする。

そしてたら、Aのショップは1000分の1の確率。

Bは、300分の1の確率。

要するに、Bの方が当たりやすいってことになる。

 

ジャパンガイドはね、

英語圏向けの日本の観光ガイドとして、

超有名。

 

だから、外人が集まるんだよ。

でもね。

観光ガイドと、交流サイトって、別のことなんだよ。

 

日本を旅行する予定の夫婦が、

ペンパル掲示板に投稿したりしないでしょ。

 

確かに、外人は多いんだ。

でも、

それ以上に、日本での口コミパワーが

凄いんだよ。

日本人が多いから、

ライバルが多くて、

返信がもらいにくくなってるんだよ。

 

見た目ではわからない

 

ジャパンガイドはね、

地域選択画面から

投稿数がチェックできるんだよ。

 

でも、その投稿数だけじゃ

参考にならないんだよ。

 

日本人は、

なんていうか、、、

むっつりスケベがおおいんだよ。

つまり、人にバレないでこっそりとってタイプ。

 

何が言いたいのかっていうと、

友達を募集する

「待ち」の姿勢じゃなく、

メッセージを読んで、メールを送る人の方が多いんだよね。

(俺の推測だけどね)

 

だから、ライバルが多くて、

返信がもらいにくくなってる可能性があるわけ。

 

まぁ、単純に、

俺の経験則なんだけどね。

 

数年前は、ジャパンガイドで簡単に友達が

増えたのに、

最近は、返信がなかなかもらえない。

 

ライバルが多いって判断して、

俺は別のサイトを使ってるってわけなの。

 

外国人の日本語学科の女子大生は日本のオヤジにナンパされることを警戒しているのだよ

年齢差があっても外国人と国際交流できるのだよ

 

国際交流に年齢はあまり関係ないんだよね。

師匠なんて、出会い系利用して、

日本に住んでる留学生とデートしてるしね。

オヤジなのに。

 

でもね、それは、出会い系サイトで出会ったから。

普通のまじめなサイトでは、

口説かれると思ったとたん、

女子大生が警戒するのがよくわかる。

 

別に、口説こうとしてなくても、

相手が誤解してるなって

感じることがあるんだよね。

 

たとえば、女の子をスカイプに誘うとき。

言語学習SNSのメッセージ機能で

メール交換してたのに、

スカイプに誘われる。

 

> 何でメールじゃダメなの?

> 口説かれるのかな?

 

なんてことを女の子は、考えちゃうわけ。

 

理由がないと女の子は警戒するのですよ

 

結局、女の子は、理由に納得しないと、

警戒するんですよ。

 

たとえばね、師匠が女の子をデートに誘うとき、

> デートしてください!

なんて言わないのですよ。

出会い系サイトの相手ならこれでもいいけど。

 

でも、もし、

> ○○のコンサートのレアなDVDを貸してあげるよ。

っていったら、会ってくれるわけ。

女の子が○○ってミュージシャンの

ファンだったらね。

 

前者も後者も結局は、カフェに誘うだけ。

でも、後者の場合の方が

女の子は警戒しないわけ。

 

とくに、相手がオヤジの時はね。

 

うまく誘導すればいいんだよね

 

まずね、言語学習系のメッセージ機能。

あれ、結構不便なんだよ。

メッセージをチェックするのも、

メッセージを送るのも、

いちいち、サイトのログイン。

 

自分のメールに届くのは、

メッセージ着信通知だけ。

 

しかも、捨てアドで登録してると、

着信がわからない。

 

この面倒さに気が付くと、

実は女の子の方から、

フェイスブックかメールアドレスを

教えてくれるんだよね。

 

何も言わなくてもね。

フェイスブックだとラッキー。

フェイスブックの場合チャットができるからね。

 

あと、何気なく、フェイスブックの写真を

相手に見せるとかね。

 

アルバムに相手がアクセスするでしょ。

そしたら、普通なら、友リクも送るでしょ。

 

> フェイスブック教えて!

は警戒されるけど、

 

> 犬のタロー君の写真を載せたよ!

ってURLを記載するのは、警戒しないわけ。

 

勉強に役立つって教えればいい

 

相手がね、日本語学科の学生でね、

日本語を熱心に勉強してる場合はね、

スカイプが語学学習に役立つって

わからせればいいんだよ。

 

海外の学生の中には、

それを分かっていて、

暇な時間が一日中、

スカイプをオンラインにしてる人もいるんだよ。

 

ペンパル掲示板で、ファーストメールを書くと、

すぐにスカイプIDを送ってくる人もいるんだよね。

 

そういう外国人を

世間知らずの日本人は、

> 怪しい!

て思っちゃう。

 

でも、そういう人に限って、

日本語が上手で、

スカイプを勉強目的で

活用している人だったりするんだよね。

 

だから、スカイプが勉強に役立つってとことを、

雑談の中で、書いて、

相手がスカイプをやりたくなるようにすればいいんだよね。

時差を考慮して暇な漫画好きの海外の女の子と友達になればいいんですよ

忙しい人にはガン無視されるんですよ

 

師匠はね、女の子を探す時、

暇な人を探すわけですよ。

ストナンってあるでしょ?

あなた、道を歩いていて、

男にナンパされたらどする?

 

足の速度さえ緩めないでしょ。

振り向きさえしないでしょ。

結局、ガン無視なんですよ。

 

街を歩いてるとき、

本当は、そんなに忙しくない。

単に、目的地があるだけ。

家に帰るために、駅に向かうとかね。

 

それでさえ、ガン無視なんですよ。

 

外人さんのスカイプ友達だって、

暇な人を探さないと

意味ないんですよ。

 

時差が問題なんですよ

 

でもね。

海外とは、時差があるんですよ。

 

おれはね。

ヨーロッパの若いギャルと話したいんだよね。

 

でも、日本の夜時間、

フランスとか、スペインとか、ドイツとか、イタリアは、

昼間なんだよ。

 

普通の会社員とか、

まじめに講義に行く大学生は、

オンラインじゃないわけですよ。

 

それじゃ、スカイプできないわけですよ。

 

おれは、夜しかスカイプは使わないからね。

 

ってことは、欧米人とのスカイプは無理ってこと?

アジア人じゃないとダメ?

 

それが、そうでもないんだよ。。。

 

平日の昼間、暇な外国人だっているんだよ

 

平日の昼間、暇な外国人だっているんだよね。

無職の人。

バイトもしてなくて、

つねに、ネットがオンライン状態の人が。

 

そういう人は、

> うちの国は就職難だから・・・

みたいなことを言ってるわけ。

 

でも、外国人とスカイプしたい日本人は、

ラッキーなわけ。

就職難のおかげで?

外人さんと話せるわけ。

 

マンガ好きの女の子

 

たとえばね。

外国人の親日家と言えば、

マンガ好きでしょ。

 

漫画家目指してるとか、

いいながら、

イラストを一日中書いていることかが

結構いるんだよ。

 

フェイスブックとかのアルバムに

自分のイラストを公開してる女の子。

プロフィール写真に

自分の顔を載せないで、

自分の書いたイラストを載せる女の子。

 

イラスト描きながら、

スカイプとかフェイスブックをオンラインにしてる人。

 

そういう人は、平日の昼間、

いつでもつながるわけ。

だから、一度、スカイプして、

仲良くなると、

毎日チャットできたりするんだよね。

 

ペンパル掲示板から誘導するわけですよ

まずはペンパル掲示板を探す

外国人とチャットする場合、

まずは、ペンパル掲示板を探すってのが、

基本なわけですよ。

師匠は外人の出会い系は利用したことがあっても、

基本的に、無料ペンパル系は

使ってないから、

自分で探さないといけない。

 

でもペンパル掲示板なんて、すぐに見つかる。

問題は、みんな、人気サイトばかり

選んじゃうこと。

スカイプで外人さんと話したかったら、

日本人のライバルが少なくなくちゃダメ。

 

これは師匠のやり方を見ればわかるわけですよ。

師匠が出会い系を使ったのは、

単純に、外人の場合、

有料サイトの方が倍率極めて低いから。

 

インテリ気取りのおにーちゃんたち、

出会い系使わないでしょ。

 

だから、外人探しの穴場は、

有料サイトだったりするわけですよ。

 

メールからスカイプへ

 

ペンパルサイトの探し方とか、

メールの書き方は、

別の場所で書くとして、

重要なのは、スカイプに誘導すること。

 

これを、わかってない初心者がおおいわけ。

 

メール交換だけで満足。

 

長文のメール交換をするんだけど、

これ、長続きしないんですよ。

 

とくに、自己満足に過ぎないんですよ。

 

まぁ、実際に、メール交換すらやってない人には、

理解できないでしょうけどね。

 

そういう人は、とらえず、

ペンパル作って、

メール交換をしてみればいい。

 

たくさんの長文メールを書いて、

疲労感たっぷり。

たくさん話した気になるけど、

対して話してない。

 

心が通じ合ってない。

 

だから結局、数か月もすれば、

相手の名前すら思い出せない。

顔も思い出せない。

 

それじゃ意味ないんですよ。

時間の無駄。

だから、スカイプなんだよね。

 

短時間で心が開く

 

スカイプはね、、、

推敲がないんですよ。

相手が待ってるから、

大急ぎで書いて、

えいやって、送信ボタン。

 

俺が話してるのは、文字チャットの話ね。

俺、語学、そんなに達者じゃない。

だから、仲良くなるまで、

マイクは使わない。

 

ウェブカメラは使うけどね。

 

カメラは絶対使ったほうがいい。

 

相手のと距離感縮まるし。。。

 

それでね。

スカイプは、1時間ぐらい、あっという間なんだよ。

 

それで、メール10通分以上の文字をかくわけ。

長文メールなんて、

なんだかんだ。

1時間書き続けても大した文字量じゃない。

 

みんな、本音を隠しまくって、メールする。

相手に気を使っちゃうんだよね。

あと、英語とか外国語だと、

何度も間違いを修正する。

何度も読み返す。

 

それが、英語の勉強になるとか

思っちゃうんだよね。

それで、毎回、自己紹介程度の

長文メールを何回かやったら、

それで、終了。

 

自己紹介がうまくなるだけ。

語学力はアップしない。

友達もできない。

 

何もいいコツはないわけ。

 

結局、友達探しと、長文自己紹介で

時間を無駄にしておしまい。

 

そうならないために、スカイプ

交流を進めるんだよね。