スカイプで話せる外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



アメリカ人と国際恋愛する方法※厚木の野外フェスで知り合い、翻訳アプリを使い交際してみた!

神奈川県の厚木市で開催されたフェスで、友人のバンドが参加した野外イベント「ATSUGI MILLION HANDS FES」で、対バンとして出ていた人で、アメリカのオハイオ州出身の白人男性と出会いました。

初めて会話をした時からかなりのボディタッチをしてくる方で、最初は私が少し避けていました。ですが、フェスの時間中(ほぼ丸一日)話をするうちにただ外国の方特有の愛情表現なのだと気づいてからは嫌な感情は持たなかったので、その場で連絡先を交換しました。

連絡先を交換した直後からメールで「大好き」とか言ってくれましたし、毎日連絡をくれました。

デートをした時も隙さえあればキスしようとしてきたので、人の目が多いところでは少し恥ずかしかったです。

はたから見ると国際恋愛に浮かれている人に見えがちなので、人目の多いところでは止めてくれるように伝えていました。

ですが、気がつくと私の後ろに回り込んでハグしてきていたので、恥ずかしいながらも嬉しかったのを覚えています。

国際恋愛ということで言葉の問題があるかと思いますが、私はそんなに英語が得意ではありませんが、彼が日本語を覚えたいと感じている人でしたので、スムーズに通じなかった場合は翻訳アプリなどで調べながら会話をしていました。

彼とお付き合いをしたことで英語にさらに興味を持ち、勉強し始めました。

国際恋愛というとかっこいいという感じがあるかもしれませんが、付き合ってしまえば国籍は関係なくなる印象でした。

ですが、海外の方とお付き合いをした方が大切にされているなと強く感じることができました。

また、私の感覚では、国際恋愛はお相手の見た目だけでなく、きちんと話をしたりして相性を見極めるのが大切だと思いました。

沖縄那覇市の国際恋愛※スラム街のクラブを24歳の女がハシゴしてアメリカ軍人の彼氏を見つけた方法

アメリカ人の彼に沖縄のクラブ(今はなき那覇市松山にあったスラム)で出会いました。

当時私は24歳。週末は毎週クラブをはしごしていたものです。

“沖縄那覇市の国際恋愛※スラム街のクラブを24歳の女がハシゴしてアメリカ軍人の彼氏を見つけた方法”の続きを読む

横浜の英会話教室の講師は女を口説く?!バーでナンパされたのでホイホイついて行ってみた!

横浜駅西口から徒歩10分ほどにあるバーで友人と2人で飲んでいるとオーストラリア人2人に声をかけられました。

長髪と短髪の2人組で、長髪の彼は見た目はやんちゃですが英会話教室を開いているということでものすごく日本語が上手でした。

短髪の彼も会話するには問題の無いぐらい上手に日本語を話していましたが少しカタコトな部分も目立ちました。

スーツを着ていていかにも真面目そうな見た目でしたが、見た目通りというか見た目以上というか、大学の教授をされているそうです。

あまりにも肩書きがしっかりしすぎていて逆に2人とも怪しさ満載です。

私が一緒に飲んでいた友人は昔から海外に興味があり外国人が好きだったので、流れで一緒に飲むことにしました。

英会話の先生は遊び慣れてる感じで、ユーモアとわかりやすい英語を交えてよく喋ります。

私の中で外国人は明るいというイメージがありましたが、まさにイメージ通りです。

教授の方は基本的に聞き役で、バランスが取れているコンビだと思いました。

2時間ほど経過したところで2人から「カラオケに行こう」と提案が。

私はかなり用心深いので、ナンパに着いて行ったことは一度もありませんし、得体の知れぬ初対面と人達とカラオケなんてとんでもないと思いましたが友人はノリノリです。

結局友人の押しに負けて移動することになりましたが、完全に酔いは覚めました。

浜崎あゆみの昔の歌や西野カナが好きだから歌ってほしいと言われ、同世代の日本人と好みは変わらないんだなと思いました。

彼らには私の好きなピットブルやニーヨ、エリッククラプトンやビートルズなんかも歌ってもらいました。

さすが外国人!うまい!!!…と思いきや、正直そんなにうまくありませんでした。

事前に彼らから「うまいと思われがちだけど、外国人ってカラオケ下手な人多いから!日本人の方がよっぽどうまい」と散々言われていたのでガッカリしなくて済みました。

3時間ほど歌って帰ることに。

乗り気じゃなかった私ですが、楽しい時間を過ごせました!

番号交換は、私は丁寧にお断りしました。友人はやんちゃな彼と今でも仲良くしているようです。

外国の方とこんなに深く交流したことが無かったので良い思い出です。

在日韓国人と結婚する方法※入籍手続きが面倒臭すぎる!

在日韓国人のハーフの人と結婚しました。

去年の3月に結婚しました。

結婚直前まで相手方が日本人ではないことを知らず、相手も知られたら自分から去っていくと思い、なかなか言い出せずにいたらしいです。

わたしの両親は父は賛成していてくれましたが、母は最後まで反対していました。

日本で暮らしていくなら、結婚後の名字はどうなるの?夫婦別姓みたいにするの?帰化申請しないならもし子どもが生まれたときのことはどう考えてるの?子どもが大きくなってから辛い思いをするじゃない、と言って大反対していました。

私自身も、国際結婚となると周りの反応はどうなんだろう?ローンなどを組むにも不利になったり、むしろ私名義で借りなくてはいけないんじゃないかとずっと考えこんだりもしました。

日本で暮らしてきたからと言って、しきたりなどは全く違うだろうと考えていたので、同居になったら私が作る料理は口に合うだろうか?

私自身が相手方にあわせすぎて疲れてしまわないだろうか?ととても心配していました。

でも、結婚しました。

自分が愛した人と一緒にいたかったからです。たとえ価値観や暮らしてきた環境が違えど、衝突したときにはお互いに話し合って納得できるところを妥協点にしていけばいいんじゃないかと思ったからです。

因みに会社に結婚の報告をしたら、特に差別されるようなことはなかったです。表向きなのかもしれませんが、早く子どもを作りなさいと言われているくらいです。

今は同居ではなく、二人で賃貸マンションを借りて生活しています。

義両親にもイベントごとに会ったり、食事をしたりする関係を良好に築けています。

国際結婚のいい点は帰化申請しないなら通帳や免許証の名義変更をしなくていいのが楽です。

悪い点は入籍届けを出すのが大変です。

でも、自分が愛した人が外国人でもそんなに気にすることはありません。

自身の体験ですが、二人でなら困難は乗り越えていけるものなので、強い意志をもって愛をつらぬいて下さい。

大学院留学中の外国人留学生の彼氏を見つけた!

最近までスペイン人の彼とお付き合いしていました。

彼が日本の大学院で勉強していた時に、日本で出会いました。

彼はスペイン人とフランス人のハーフで、私のイメージしていた明るくて陽気なスペイン人とは少し違う感じ。

割とおとなしめで、主張も少なく、のんびり屋さんでした。

もちろん、人にもよると思いますがスペイン人はのんびり屋さんが多いのかな。

一番驚いたのは、とにかく友達や家族との電話・メールの頻度が多いことです。

家族思いなのはいいことですが、何かにつけてご両親に電話やメールで「~~しようと思うけど、どう思う?」と確認しているようで、ちょっと頼りない印象を受けました。

でも、どうやらスペイン人にとっては当たり前らしいです。

去年、スペインとフランスの実家に旅行がてら連れて行ってくれました。

もちろん楽しかったしいい経験になったのですが、やっぱり家族優先の人なので、ご両親を含めた家族旅行(?)的な感じになりました。

お花を買ってきてくれたり、料理をしてくれたりと、優しい面もありましたが。

スペインでは夏場は日中の気温が高いためシエスタというお昼寝の時間があるようで、彼はとてものんびりしている人でした。

朝に弱く、夜寝るのも遅い!私のために、しばらくは日本にいるため仕事をするといって職を探しているようですが、日本人のように毎日せかせか生きていくのは合っていないような感じがしました。

私は朝方で、夜は早く寝たいタイプ・・・同棲しようと言ってくれたのですが、生活パターンが合わず疲れるのでやめました。

語学留学で韓国人男性の彼氏が簡単にできる理由※兵役前のセックス留学?!

大学時代、上海に語学留学していた時に同じクラスの韓国人の男性とつきあいました。

留学時代は毎日色々な国の留学生同士飲み会をすることがよくありました。

“語学留学で韓国人男性の彼氏が簡単にできる理由※兵役前のセックス留学?!”の続きを読む

日本語勉強中の韓国人男性とスカイプで知り合って彼女に合った方法

韓国の男性に、Skypeで始め知り合いました。

出会ったきっかけはSkypeでした。

どこでも一人で出かけてしまう私はある程度5日間の休暇をもらえたので韓国旅行に行こうと計画しました。始めての韓国で一人旅です。

少々の不安はありましたが、ホテルさえあれば大丈夫だろうとツアーに申し込みました。

どこに何があるのかも分からない常態だったので観光雑誌を買っていろいろ見ていたときにSkype で知らない人からアクセスがありました。

韓国人で日本語を勉強しているので話し相手になって欲しいとの内容でした。

普段は無視するのですが、ちょうど韓国のことを調べていたのでどこがいいのか聞いてみようと返信したことから話が弾み、韓国に来たら案内をさせて欲しいと申し出てきたのでお願いをしました。

今思えば無謀な承諾だったように思いますが、結果は楽しく観光もでき案内してくれた男性もとても良い方で一人旅も無事に帰って来れました。

その後もマメに連絡をくれたり、一生懸命に日本語で話しかけてくれるその男性と付き合うようになりました。

付き合うことで彼の国の文化や言語を理解しようとこちらも努力することで、ある程度の会話は出来るようになり観光程度の会話なら問題なしです。

韓国は日本よりも両親との関係が強く、切っても切り離せないのでどこかで必ず親御さんが出てきます。

彼は日本の文化や習慣を理解できていてもご両親も同じとは限りません。韓国のしきたりに合っていない等の壁が必ずしも出てくるかと思います。

そこをうまくフォローしてくれるような男性ならうまくいくと思います。

韓国旅行でナンパされる方法※韓国人男性の猛アピールにたじろいだ!

韓国人にナンパされる日本人って多いよね。

韓流ブームで日本人女性がみんな韓国人の事を好んでるって勘違いしてる男がウヨウヨいた時期もあった。

まぁ、今は落ちついたかもね。

さて、今回は韓国でのナンパエピソードが届いている。

当サイトに届いたレポートを紹介する。

韓国のソウルの梨泰院にあるガソリンスタンドで道を聞いたときにナンパされました。

初めての韓国旅行でどうしても行きたいお店があり、一人で行ってみようとチャレンジしたのですが、どうしても辿りつけず、夕暮れ時ということもあり怖くなった時の事でした。

近くにあったガソリンスタンドのお兄さんが親切にも声をかけてきてくれたので道を尋ねることにしました。

その時簡単な韓国語は話せたので私が拙い韓国語で道を尋ねるととても丁寧に教えてくれました。

しかし、行きたい場所は少し複雑な場所にあったようで、仕事中にも関わらずその人は持ち場を抜けて途中まで案内してくれました。

なんて良い人なんだと感動したのですが、行く道すがら「電話番号を教えてよ。」「今晩何か約束があるの?終わったらデートをしよう。」などと猛アピールでした。

あまりの勢いに負けてしまい、電話番号だけ教えてしまったのですが、その後もひたすら連絡がきました。

韓国の男性は日本人と違い積極的なんだなということを実感しました。

海外で、しかもガソリンスタンドでナンパをされるとは夢にも思っていなかったので、とても貴重な経験になりました。

名古屋の外国人ナンパ※イタリア人ナンパ師が出没する駅

外国人もお気に入りのナンパスポットを見つけたら、そこで、ナンパを続けるんだね。

今回届いたレポートは同じ場所で、ナンパし続けてるイタリア人の話。

日本語が達者みたいだし、たちの悪いナンパではなさそう。

日本国内のイタリア人のナンパって、タチが悪いんだよね。

やたらと体を触ったり、キスを迫ったり。

まぁ、イタリアでは、頬にキスをするのは普通の行為かもしれないが、、、イタリア国内でも、ナンパした相手に、いきなりキスをしたりはしないよね。

それなのに、日本の女性は、文化の違いだとか、、、意味不明な解釈をしちゃうんだよね。

さて、当サイトに届いたレポートを紹介する。

愛知県名古屋市の熱田区にある金山駅のエスカレーターで多分、イタリア人男性にナンパされました。

最初に声をかけられた時は道案内をしてもらいたいのかな?と思いましたが、いきなり「一緒にどこかにいかない?」と言われて驚きました。

ナンパに慣れていないのと、もしかして怪しい人なのかもしれないのと、正直、私好みの顔の人ではなかったので断りました。しかし、断った後もしつこく誘って来ました。

日本の男性の方にもこのくらいしつこさがあってもいいと思いつつ、しつこすぎると逆にうんざりしてきたので「急いでいるので」と言って走って逃げました(笑)

ですが、この男性の方は日本語が非常に上手く、丁寧な言葉づかいで、悪そうな顔をしている人ではなく、いい人そうでした。

私好みの顔の人だったら思わず釣られていたかもしれないです。

しかし、また金山駅周辺をぶらぶらと歩いていたら偶然にも私の事をナンパしに来た外国人の方が女の子にナンパをしている姿を見かけました。

どうやら金山駅によく出没するようですね。

海外旅行で外国人のナンパを断るのが下手過ぎてエロいことをされる日本人女性たち

外国人にナンパされた女性の話をいろいろ読んでいて感じることがある。

断るのが極めて下手だってこと。

たとえば、電話番号を聞かれた時、日本人女性の多くは、

「ホテルに電話を忘れた、、、」

という意味不明な回答をする人が異常に多いのだ。

この答え方だと、あなたに電話番号を教えたいけれど、電話番号を忘れてしまった、しかも、電話はホテルに置いてるので、、、と解釈できてしまう。

もう一つ多いのが、彼氏と一緒に旅行している。彼氏は、すぐに戻って来る。。。。

まだ、本当の話ならばいいが、、、見え透いた嘘だったりする。

たとえ、本当だった説いても、ナンパ師からすれば、身体目的なんだから、彼氏がいようと関係ない。

旅行中、彼氏と離れて行動する時間があるなら、全く問題ないのである。

要するに、断ることができていないのだ。

さて、当サイトに届いたレポートを紹介する。

ドイツのボンにて留学中、スペイン系(南アメリカのスペイン語圏かも知れません)の肌の浅黒い中年男性に声を掛けられました。

その日は女友達とランチの約束をしていて、デパートの入口付近で待ち合わせでした。

デパートの前の広場でブラスバンドが演奏をしていたので、私は少し近寄っていってその演奏に聴き入っていたところ、「いい演奏だね」と傍で声がしたので振り向くとその中年男性が立っていました。

「そうですね」と返事をしたら、「近くでお茶でもしないか?」と言ってきたので「友人と待ち合わせしているので」と断りました。

すると「友達が来るまでの間でいいから」と言うので「もうすぐ来ます」と言うと、「来ていないじゃないか」といい、「行こう行こう、少しだけ」と促してきたので年齢が私よりだいぶ上に見えたのと、怖くなってきたのもあって、「ごめんなさい」と言って近くの郵便局へ逃げるように入ってそこから様子を見たら、その男性は別の方向へ歩いていきました。