スカイプで話せる外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



アメリカ留学で彼氏に出会う方法※友達の家でのパーティーが狙い目

出会いは、アメリカへの留学中の友達の家でのクリスマスパーティーでした。

人によっても違うと思いますが、外国人男性はストレートに思った事を表現して、女性を常に褒めてくれるので、とてもいい気分にさせてくれます。

私が交際していたアメリカ人男性は、始めてのデートの時に、バラの花を持って待っていてくれました。

バラの花を持っている姿を見て、恥ずかしいという思いもありましたが感動しました。花をもらって嬉しくない女性はいないと思います。

彼はとてもマメな人だったので、毎日のように電話をくれましたし、デートの時には、肩を抱いて歩くのは当たり前といった感じでした。

仕事が忙しくて会えない時でも、なぜか安心感がありました。おつきあいを初めて半年が過ぎたころ、私が日本にもどることになり遠距離恋愛となってしまいました。

メールやチャットで毎日のように連絡を取り合っていましたが、余りに会えないことがつらくなってボソッとそのことを愚痴ってしまったことがありました。

その次の月が私の誕生日だったのですが、彼は何も言わずサプライズで日本に来てくれたのです。

以後お互いに行き来することになりました。仕事も忙しく時間がなかったはずの彼が、寝る時間を削って飛行機に飛び乗り、私の勤務先にバラの花束を持って現れた時には心臓が飛び出るかと思うくらいドキドキしました。

その日一日は夢のようなプランをすごし、外国人男性のスマートなリードを堪能することができました。

その後も私が寂しいと言った時は飛んで会いに来てくれる優しい彼でした。様々な所にデートをしたりもしましたし、さらに彼は日本人の彼女と言うことでとても大切にしてくれました。

日本人の男性とは違い、いたるところでレディーファーストは当たり前でしたし、お姫様扱いをしてくれましたし、美人、可愛い、愛してるとリップサービスなどが豊富で、とても良い気持ちになれました。

ロマンチックなデートなどを演出してくれたりもあり、本当に思い出に残っています。実は、彼は医学部の教授でコロンビア大学の医学部の授業を担当したり、国際的に活躍しているアメリカ人です。

一緒に寿司屋に行きましたら、私が食べるのと同じものを同じタイミングで食べるのです。

最初は偶然かと思っていたのですが、よく観察すると私のほうが観察されていて、同じリズムで食べているのでした。

今でも嬉しかった事が思い出が一つあります。それは、私の誕生日でした。彼にいつも逢っている公園に、夜に来てと言われました。

洋服はドレスっぽいのがいいと言われました。行ってみると、隣の歩道橋の階段に連れて行かれました。階段の真ん中で、彼は私に跪いて私の年齢と同じ数の赤いバラの花束を差し出してくれました。まるでプロポーショナルみたいな演出に、私はとても嬉しかったです。

その夜は満月だったのですが、月明かりに照らされて、とてもロマンチックでした。どんな高価なアクセサリーなどよりも素敵でした。彼はスタンドカラーのシルクのシャツにスーツを着ていてとってもおしゃれです。何気ないことをしっかりとサポートしてくれて頼りになる男性なのです。

ちょっと忙しすぎるかな、と思いますけど、いつまでもヴァイアリティ溢れる彼でいてほしいです。 最初はすごく優しいところに引かれましたが、優しいだけではなくすごくロマンチックで必ずデートには迎えに来てくれるし、すごくレディーファーストで本当に毎回きゅんきゅんしてしまいます。

毎月の記念日にも必ず花束をわざわざ用意してくれます。素敵なレストランを予約してくれて夜景の見える特別な席まで用意してくれるので、本当にドラマでみたことがあるような恋愛ができるので本当に信じられません。

あるとき馴染みの古本屋に立ち寄ると彼が本を探していました。私が声を掛けると平家物語の本を探していると言います。彼は大学で平家物語を研究していたのです。私も詳しくはありませんでしたが、話しが弾みました。

私はアフタヌーンティーの経験がないので、憧れていると打ち明けました。

すると、その日そのまま都内のホテルのレストランに連れられて、アフタヌーンティーを体験させてくれたのです。

お勘定の1人4000円もし払ってくれました。彼は母国でも上流階級の子息なのだそうです。お姫様になった気分でした。デートにもすごく素敵なところを用意してくれるだけでなく、本当に優しくていつも私が困ったら絶対に支えてくれるので本当に付き合ってよかったといつも思っていました。

一緒にいると笑顔がつきません。 本当に幸せです。ある日、レストランで一緒に食事をしていた時に、一旦席を外した彼が花束を持って戻ってきたんです。その時にプロポーズされました。私の答えはOKでした。

アメリカ人と遊んでみたい!好奇心でナンパされた結果【沖縄旅行】

28歳結婚四年目の専業主婦です。当時22歳、図書館司書として高校勤務をしていた私は夏休みを利用して友人と沖縄旅行へ行った時の話です。

アメリカ人と遊んでみたいな、という好奇心から嘉手納基地内にあるシーサイドリストランテという飲食店へ足を運びナンパ待ちをした結果、アメリカ米軍の男性にナンパされました。

カタコトながら日本語が話せるため、会話で苦労することはなく、日本人男性とは違う感覚の米軍とのひと時はとても心地いいものでした。
お酒も入っていたこともあり、なんでもあり!な状況で次の日なんの予定も入れていなかった私たちは海で遊ぶ約束をし、解散しました。

次の日、本当に来るのかな?なんて思っていた待ち合わせ場所に行くと米軍が友達を連れていました。それも、バーベキューの準備を持っていたときには驚きました。さすがアメリカ人!ワイルドというか、行動力があるというか、流行りの草食系男子とは全く違う部類の感覚に目ときめきしかありませんでした。海でフリスビーをし、肉をたらふく食べ、もう気分は最高!でした。そのままわたしのお気に入りの1人の米軍と今晩どうする?的な話にもなったのですが度胸がなかった当時の私は、そのまま那覇までタクシーで帰りました。

アメリカ人と一度、関係を持ってみたいという願望はいまでもあります。ですが、密室に米軍と2人というのは、今のご時世なにがあるかわからないですし、怖いですよね。
そんなこともあり、米軍とは連絡先を交換することもなくその場限りで終わりました。

六本木のクラブ「フラワー」※外国人のナンパ事情・国際交流事情

31歳の会社員で、不動産投資ファンドに勤めています。現在0歳の子供を育てており、育休中です。25歳の時、六本木のフラワーというクラブでアメリカ人の友達男性にナンパをされました。当時の私の職業は、デパートで洋服の販売員でした。

声をかけられたのは入り口付近で1人で休んでいた時でした。英語でかなり速いスピードで話しかけられたため、とても驚いたのをよく覚えています。私はよく外国人もしくはハーフに間違えられるので、おそらく英語が話せるように見えたのかと思います。実際は殆ど話せないので、その旨を伝えるととてもゆっくり丁寧に話してくれて、彼がアメリカ国籍であること、年齢が28歳であること、職業はダンスの講師をしていることなどを伝えてくれました。そして私が英語を話せるようになりたい旨を伝えると、「僕として毎日一緒にいたら絶対話せるようになるよ!約束するよ!そしてダンスも上手くなるよ!」と陽気に答えてくれたのをよく覚えています。

30分ほど話し、連絡先を何度か聞かれたのですが、あまりメールが得意でないこと、睡魔が襲ってきて一刻も早く帰りたかったためお断りしました。その後もたまに六本木には出向きましたが、彼を見かけたのはその一度だけです。

女好きのオランダ人に地方のクラブでナンパされてみたよ~ん!

クラブで飲みながら踊っていたらナンパされました。

私の踊りに合わせて相手も踊ってきて楽しいなと思い、笑顔で対応していました。

すると酔いがどんどん回っていくうちに、彼のダンスも激しさを増していき、腰に手を回してきたり、ぺったりくっついてきたりと、公衆の面前で恋人にもされたことのないような激しいボディタッチでした。

私は人前でいちゃいちゃするのがきらいなので、相手の気分を害さない程度に嫌がって見せたり、トイレに行くふりをして逃げたりしていましたが、彼はずっとついてきました。

らちがあかないので一旦外に出ようと思い、お店の外に出た時に、彼も後ろからついてきていて、相変わらずベタベタしてきて僕の家へ来ないか?と言われました。

もちろんそんなつもりはないので、行かないと言ってお店へ戻ろうとしたら、相手は少し怒っていて、何度もしつこく誘ってきました。

そのオランダ人のナンパから学んだことは、むやみやたらに応じてはいけないのだなということでした。

その後様々な国の男性と出会いましたが、外国の方は割とすぐ家へ誘ってくる方が多いような印象です。

草食男子、絶食男子がもてはやされている日本人男性と違って、がつがつ肉食で積極的なのかな?と思います。

エロすぎる黒人に東京駅の周辺でナンパされてみたよ~ん!

その日は東京に住む友人と久しぶりに会う約束があり、早朝の新幹線で東京駅へ向かいました。

駅に着いたのが朝早かったので駅周辺にはほとんど人が居ません。

友人にメールで駅に着いたと連絡をしていたら、誰かの喋り声が聞こえてきました。

静かな駅前で声がすごく響いています。

誰が喋ってるのかと辺りを見回すと、1人の黒人がコチラを見ながら両手を上げ下げして歩いてくるのが見えました。

私の他には誰も居ないので、彼は明らかに私に話しかけています。

私は外国人、特に黒人を見慣れていなかったので、とても圧倒されて何を言ったらいいか戸惑いました。

彼は私の側に来て笑顔で何かを言っています。

どこかへ一緒に行こうと誘っているようでした。

私は、友人がもうすぐ迎えに来てくれるし、それより彼の事が怖かったので、とりあえず彼を追い払おうとしましたが、周囲に人は居ないしどうやって逃げたらいいか困りました。

走って逃げるのもあからさまだし失礼です。

私は彼に、友人がもうすぐ来るので待っているだけだと伝えました。

その後もしばらく喋りかけてきたので、携帯を出して誰かに電話するふりをしながら彼から離れていきました。

しばらくして振り返ると、彼はもう居ませんでした。

パキスタン人男性の恋愛体質※キリスト教徒を電車で口説く方法

パキスタン人に東武東上線の電車内にナンパされる方法?

最初は、英語で、電車がどこの駅に停まるのか訊いてきたので、わからなくてかわいそうだと思い、停車駅を教えた。

行き先が同じ方向ということで、どこの学生なのか、家族や兄弟は、といった話がはずんだ。

相手は学生証を見せてきて、父親の仕事についてきたとのことで、私も信用した。

年が近い(当時私が22で相手が20)ということもわかり、私は20才の弟がいたこともあり、日本での生活で困ったことがあったら助けるよと申し出た。

英語の勉強をしたくて、英語の話せる友達がほしいと常々思っていたので、連絡先を交換し、電話で何度か話をし、御飯を食べに行くことになった。

パキスタン料理の美味しいレストランを紹介してくれるとのことで、文化の勉強にもなると喜んで行ったら、途中から結婚の話をしてきて、イスラム教に回心して結婚してくれと頼んできた。

コーランについても沢山説明してくれて、そのことはとても勉強になったのだけれど、とても困った。

私は完全に友達のつもりだし、キリスト教信者だと伝えたが、御飯のあとも何度も電話で結婚の申し込みをしてきた。

ずっと断り続けていたら、ひと月ほどしてまったく電話が無くなり、縁も切れてしまった。

国や文化や風習によっては、男女二人で御飯を食べるということが深い意味になってしまうこともあるのだと反省した。

渋谷109の前※外国人ナンパ事情※黒人の口説きテクの話

アメリカ人に渋谷109の前でナンパされた話です。

大学生の頃、状況したてのわたしは渋谷に憧れて初めて渋谷109に行くと地元の友人と約束をしていました。

逆に他の待ち合わせ場所を指定されても分からなかったので、109に現地集合にしました。

ワクワクで早く着いてしまったわたしはスクランブル交差点の人の多さに驚きながら友人を待っていると、サングラスをかけた黒人さんに話しかけられました。

わたしはそのとき国際大学の一年生で、ちゃんとした会話はまだできませんでしたが、言っていることは聞き取れて返事が大体できる程度の英語力でした。

自分がアメリカ人だという黒人さんに、待ち合わせかと聞かれたので、女友達とこれから109に行くと言いました。

すると、その友達と解散したらここに連絡をくれと言われ、電話番号を渡されました。

どうしてかと聞くと、2人でごはんでも行こうと誘われました。

ちょうど友人が来たのでわたしは友人がいる方へいきました。

友人に今のことを話してみると、知らない人ならやめたほうがいいと言われました。

そして、夕方に解散してから電話をしようかと少し迷い、かけてみました。

すると先ほどのアメリカ人の声でまた食事に誘われました。

しかし友人にとめられたこともあり、また今度ということでお断りをしました。

卓球少女ににてると韓国人男性と付き合えるかも?仙台でナンパされた話

韓国人に仙台駅の改札口で口説かれた話です。

わたしは、よく友人に顔が卓球の愛ちゃんに似ていると言われることが多いのですが、先日そのせいもあり、韓国人のかたに声をかけられました。
仙台駅で人と待ち合わせをしていたのですが、列車の遅延で30分ほど待たされていました。
すると、待ち合わせですか?と、男性2人に声をかけられました。
日本語は、上手だったし聞き取れましたが外人さんが話していると行った感じの日本語でした。顔はすこし塩顔の日本人といった感じでしたが、韓国から来たと言っていたので、おそらく韓国人です。
愛ちゃんのファンで、わたしが顔が似ていたから仙台駅にいる女の子でわたしを選んだとのこと。
わたしは23歳だし、似ているというのにはおこがましいのですが、そう言ってもらえたのが嬉しくて、少し話をしました。

わたしは友人を待っているというと、彼らは日本に観光に来たので、お友達が来たらその子も含めて観光のガイドをして欲しいということでした。
残念ながら、わたしが待ち合わせをしていたのが男性だったので、そのことを申し伝えると、また今度1人の時に会えるといいね、と言って去っていきました。
待ち合わせていたのは彼氏とかではないのですが、彼らもきっと男2人だったので、女の子2人と観光したかったのだろうと思います。

フランス人男性に出会える場所※六本木のバーで口説かれてみた!

フランス人に六本木のバーで口説かれた話です。

わたしは、24歳女性です。今は歯科医院に受付事務員として勤めています。
わたしがまだ大学生の頃、わたしは大人数でお酒を飲むことがあまり好きではなかったので、サークルの飲み会などでも早めに抜けて1人で飲むことが多かったのです。
またに仲の良い友達とも飲みますが、その日はわたし1人でした。
六本木を歩いていると、いつも行くバーが満席だったので隣のシックな感じのバーに入りました。確か名前はbarubaruという店だったと思います。

あいているカウンターに座り、ウイスキーを飲んでいました。
すると、先に座っていた隣の男性から声をかけられました。
隣の男性は、ヨーロッパ系の顔をしていて、話しているうちにフランス人だということがわかりました。
とても流暢な日本語で、語学留学をしているとのことでした。
一緒に飲まないかと誘われたので、1時間ほど一緒にお酒を飲みました。
その後、もう一軒別のお店でお酒を飲みました。
3軒目もカラオケに誘われましたが、終電の時間があったのでそちらはお断りをして帰りました。
連絡先をもらったので、それから数日は連絡をとっていました。
文字を打つのはあまり得意でないようなので、少し話が通じにくいことがあり、だんだんと連絡はとらなくなってしまいました。

表参道、外国人ナンパ事情※ブロンドのアメリカ人の誘惑テクニック

ブロンドのアメリカ人に表参道にあるカフェでナンパされた話です。

友人との待ち合わせで入った表参道にある落ち着いた雰囲気のカフェ。

個別のテーブル席に空きが無かったため、仕方無く店内中央の大ウッドテーブルに着席。

コーヒーを飲みながら小説を読み進めていると、かすかに感じる視線。

ふとその視線の方向に目をやると、ぱっちり目が合ったブロンドの外国人がこちらを見てにっこり。

なぜ微笑まれているのか解らず、固まっていると彼はおもむろに席を立ち私の座る席のとなりへ移動。

となりに座っても良いかということを英語で聞かれ、思わずイエスと答えた私。

英語は多少話せるものの、突然のことに「なぜ?私のとなり?」という思いが巡り巡る。

彼が席に着いてからはとなりが気になり読書に集中できず、なぜかドキドキが止まらない…。

そんな中当の彼は涼しい顔してコーヒーを楽しんでいる様子。

しばらくすると、私が読んでいるお気に入りの作家の本について面白いか、とかどんなストーリーかを聞いてくる彼。

英語が通じるかと思ったのか、ずっと英語で質問攻め。

質問には答えながらも、早く友人が来ないかなぁと少し面倒になってきた。

ただ、お気に入りの作家が彼と共通しているらしく、これまでどの作品を読んでいるかなど聞いても無いのに教えてくれる。

そうこうしていると遂に友人が到着、でもほんの15分ほどの会話を楽しんでいた自分もいることに驚く私。

少し名残惜しく感じるつつ席を立とうとすると、いきなり名乗られた。

すぐに連絡先を聞くのは失礼に思うので聞かないが、ぜひまた会って欲しい。

このカフェで来週末待っています。

そう言い切った彼。

そんな強引ながらも真面目さ?も感じる彼の態度に、好印象を覚えた。

では土曜日なら、と伝えてカフェを出て友人とショッピングを楽しんだ。

ドキドキしながら日々を過ごすとあっと言う間に伝えた土曜日。

初めて会ってから翌週末に再会できた彼は現在大切な家族です。